暴落後はボラが高くてチャンス!ドル円はどこまで反発するのか?【来週のドル円予想】

今週は大暴落から大きく反発など、値幅のある動きで短期トレードなどでも大きく利益をあげたりできた週だったと思います。

ただ暴落やショートの踏み上げで大きく損失をだしてしまった方も多くいるでしょう。

私は大きく利益をあげていませんが、短期でちょくちょくとって良いスタートとなりました。

来週もまだボラティリティが高い相場が続くことが考えられます、値幅がある相場は短期でも十分利益をあげれるので来週も頑張ってトレードしていきたいと思います。

広告

来週も反発継続するのか?ドル円やユーロ円 来週の予想と見通し

今週は暴落から反発で終わっています、気になるのが今回の暴落の安値で一旦底をついたのか?というところです。

今週は反発で終わっていますが、このような暴落後は大きな反発が入って一旦底をつけたのか?と思わせ後にもう一回安値をせめてくることも多くあります。

もちろんこのまま一旦の底をつけて上昇してくる可能性もありますが、買いで勝負するにしてももう1回安値を攻めてくる可能性を考え、ポジションの閉じるポイントなどは考えていた方が良いでしょう。

そして前回の短期予想記事でも書きましたが、大きく動く時はポンド円などのRSIレベルのスキャルや短期トレードも入れてエントリーしたいと思います。

RSIレベルについては前回の短期予想記事を参照してください。

[kanren id=”3995″]

来週の主な予定

 

7日(月)

米ISM非製造業景気指数(12月)
アトランタ連銀総裁、講演
米耐久財受注(11月)

 

8日(火)
豪貿易収支(11月)
米貿易収支(11月)

 

9日(水)
ユーロ圏失業率(11月)
アトランタ連銀総裁、講演
カナダ中銀政策金利
米週間原油在庫統計
FOMC議事録
ボストン連銀総裁、講演

 

10日(木)
米新規失業保険申請件数(5日までの週)

 

11日(金)
豪小売売上高(11月)
米消費者物価指数(12月)

来週のドル円や為替予想ですが、目標値算出できる通貨が少なく基本的にチャートが形をつくるのを待つことになります。

今回の予想記事はドル円予想とユーロ円予想となります。

ユーロ円 5分足レベルのシナリオ達成するか?来週のユーロ円の予想

ユーロ円のみ前回の短期予想の目標値に到達していません、私はもう一回下にせめてくると思っていてユーロ円が目標値到達後に又下がってくるかなあと。

  • 124.330【123.410を上抜けした場合の目標値、シナリオ崩壊ラインは121.930】

来週のユーロ円予想1月5日

ユーロ円15分足チャート

もう少しで目標値到達なので、とりあえず来週のはじめはこの目標値に到達するかに注目したいと思います。

ポンド円や豪ドル円は前回の短期予想目標値に到達しています、今は15分足チャートなどでも目標値算出できる形がないため次の展開を待ちたいと思います。

ドル円 来週の予想と見通し【1月2週目】

来週のドル円予想と見通しは5分足~15分足チャートレベルの予想となります。

前回の短期予想記事ではドル円はチャートが汚く目標値の算出はしませんでした、今回は2つのポイントから目標値を算出をしていて、到達するかに注目したいと思います。

  • 108.750【107.780を下抜けまでの目標値】
  • 109.310【107.100を下抜けするまでの目標値】

ドル円15分足チャート

ドル円はエントリーしていませんがもう少し上昇すると思っています。ただ目標値到達したらショートをいれてみようかとも考えています。

今週は大きく動きましたがまだ1時間足レベルで良いチャートがありません、ただ5分足チャートや15分足チャートでは良い形のチャートを形成してきています。

来週は30分足チャートや1時間足チャートレベルでも良い形がでてくる可能性はあり、また良いチャートのj形があれば記事にしたいと思います。

読まれている人気記事

ライン@限定の予想配信やツイッターで短期予想も配信しています。

友だち追加数

広告