100円到達の可能性は72円台の死守が必要!2019年 豪ドル円長期予想と見通し

ドル円為替予想

2019年豪ドル円の長期予想と見通しについてですが、普段チャートから相場の予想をしていますが、当たる当たらないは別として2019年は難しいチャートで今のところ長期予想がしにくいなあと思っています。

長期予想を当てるのは難しく、2018年に最初にだした「100円を目指す」というシナリオもはずしてしまいました。

しかし2018年9月にだした後半戦の予想「割り込めば危険!?下落目標値は最大72円台!2018年 豪ドル円長期予想 後半戦」の72円台までの下落シナリオは完成しました。

2019年の1月3日に暴落で72円以下までは下落しましたが、目標値には十分到達。

そして、2019年はこのまま反発してくれないと「どこまで下落するのか?」と長期ロング組には重要なポイントまできています。

2019年の豪ドル円の長期予想と見通しを、チャート付きで解説したいと思います。

72円台をしっかり割り込めば危険!2019年豪ドル円の長期予想と見通し

オーストラリアと言えば中国経済に影響される国でもありますが、最近は中国の経済成長もあまりよくないといったニュースを見かけることも多くなりました。

何年も前から中国バブルは崩壊する!なんて言われながれ、指標がわるければイジイジしてなんでもあり、なども言われてます。

中国のバブル崩壊のことなど考えても、私のような一般的なトレーダーには答えがでるわけでもなく、できることと言えば「退場しないようにすること」ぐらいです。

オーストラリアは国債の信用格付けランクが最高ランクや、27年間経済成長しているなどで長期投資にも人気がある通貨の1つ。

しかし2019年の1月3日の暴落では色々な通貨でロスカットされたトレーダーも多く、そして豪ドル円に関しては割ったらどこまで落ちてていくのか?というポイントを髭でなんとか終わっています。

豪ドル円月足チャート

長い下髭を今はつけていますが、ラインの72円台をしっかり割ってローソク足が固まればロンガーは終了。と言っても良い状況ではないでしょうか?

今のところは1月はこのまま行けば下髭で終わりそうですが、1月3日に安値を攻めてきても全然おかしくありません。

長期投資という名の塩漬けする予定の方でも72円台をしっかり割ってくるようなことがあれば、損切りを検討しましょう。

このまま反発なら豪ドル円100円台もまだまだ夢ではない

今豪ドル円の長期ポジションを持っている方で「目指せ100円!100円まで行けば利益確定!」と思い希望的観測でポジションを保有している方もいるかもしれません。

私は相場の見通しや予想をたてるときはチャートの形から目標値を算出します、私の分析方法では現在豪ドル円の長期の見通しは「様子見」となり、「次はこの価格がターゲットになるな」というのがチャートから算出できません。

79.600を割ってきた場合の豪ドル円の目標値、この目標値は79.700をしっかり割り込んだ場合なのでまだ確定ではありません。

77.000【79.600をしっかり割った場合の目標値、シナリオ崩壊ラインは84.540】

72.400【77.000をしっかり割った場合の第2目標値、シナリオ崩壊ラインは84.540】

今は2018年9月の予想記事「割り込めば危険!?下落目標値は最大72円台!2018年 豪ドル円長期予想 後半戦」に書いた目標値に到達し、目標値到達からの反発中です。

この目標値到達からの反発は、いつも予想記事に書いているのでいつもブログをみていただいてる方なら理解していただけると思います。

目標値の算出方法などについても記事にしているので、気になる方は読んでいただければと思います。

今は長期予想でも次のチャートの形を待つというのが結論なのですが、このまま長い下髭で反発しトレンド転換さえしてくれれば2019年は厳しいかもしれませんが、2020年以降には豪ドル円100円の可能性はあると思います。

もとろん反発してくれればの話しで、なんの根拠もありませんし考えても答えがでるのはまだ先です。

長期投資ロングの方へ、何が重要なのか?だけ最後に言っておきたいと思います。

  • 72円台を割った場合のことをしっかり考えておきましょう

100円台にいくかもしれませんが、72円台はしっかり割ってくる可能性もあります。

私はいつもブログで書いていますが長期投資でも戦略は重要で、インフルエンサーもどきやブロガー界隈の塩漬け長期投資はほんとバカなトレードだなあと思っています。

長期投資については記事にもしていまので参考にしていただければと思います。

この記事は去年の予想記事に追記で2019年の予想を書いています、これより下は去年の長期予想記事となっています。

読まれている人気記事

記事更新報告やライン@限定の予想なども配信しています
友達追加はこちらから
友だち追加数

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年長期的な豪ドル円(AUD/JPY)の長期予想と見通しです。

結論から書くと今年は豪ドル円は下落したら「買う」の買い戦略になります。

損切りラインと目標値もしっかりしているので失敗してもリスクの計算もでき下落待ちで目標値まで放置というまったりスタンスです。

 2018年 豪ドル円(AUD/JPY)長期予想と見通し

為替トレードの人気通貨の豪ドル円(AUD/JPY)ですが、今年の予想と見通しは記事の最初で書いたように買い戦略となります。
 
今すぐ買うといのではなく、今は上昇中となるので今後押し目ができたら目標値までの長期投資という感じでホールドポジションを建てていく感じです。
豪ドル円は昔と比べればスワップポイントは大きく減りましたが今だほかの通貨と比べればスワップがつくので価格が下落したら買ってホールドするトレーダーは多くいます。
少し調べたら2008年頃は政策金利7.25%だったみたいで、どんな良い国なんだよって感じですよね。
リーマンショックなどもあり2008年からみれば2018年1月現在の政策金利は1.5%とかなり低くなってますがユーロやポンドと比べればまだまだ良いと言えます。

 2018年後半は 豪ドル円の政策金利が上がる?

2017年12月時点は2018年以降は利上げされると予想されているみたいです。
ブログを見てただいている方は知っているかもしれませんが、私はそのような政策金利が上がる、下がるとかファンダメンタル要素には興味がないので検索して見た情報で確かかはしりません。
まぁニュースをチェックしている方なら当たり前な情報かもしれませんが、今後オーストラリアが利上げをおこなっていくならFXのスワップポイントに関係してくるので長期投資ホルダーには良い話題ですよね。

 2018年豪ドル円(AUD/JPY)の目標値は101円台と予想

豪ドル円(AUD/JPY)のテクニカル分析からの見通しですが、チャート分析では買い戦略となり目標値も損切りラインもはっきりしています。
ただ月足チャートが雲(一目均衡表)の下限に抑えられているところが気にはなります。
もしここで叩かれたら一気に下落することになるので、今年長期で101円台まで狙うとしても雲の下限で叩かれて大きな下落をしてくることも頭にいれていなければなりません。
 2018年 豪ドル円長期予想と見通し
豪ドル円月足チャート
ちょうど雲の下限でもじもじしている感じです、2017年はこの雲の下限に抑えられて
伸びきれなかった。
これ叩かれて下落されたら怖いなぁと言う感じですが、週足では上昇するチャートの形なので「どっちのチャートが強くなるか?
月足チャート見て下落に張るのも良い戦略と思いますが、私は週足の上昇を信じたいと思います。
  • 93,640(81,700を割るまでの目標値)
  • 101,14093,640を上抜けした場合の第2目標値、81,700を割るまでの目標値)
2018年豪ドル円見通し 週足チャート

93円台が第1目標値なんですが、今の豪ドル円のレートが88円台なので今年上昇するなら1第1目標値の93円台を上抜けし第2目標値までいくだろう、、

という事で101円台を今年の豪ドル円(AUD/JPY)の目標値としました。

私も豪ドル円をトレードすることはありますが、基本的に長期保有ではなく短期~中期予想のチャート予想でのエントリーがほとんどで長期投資はしませんが参考にしていただければと思います。

2018年豪ドル円長期予想予想と見通し 後半戦を記事にしています。

豪ドル円長期予想2018年割り込めば危険!?下落目標値は最大72円台!2018年 豪ドル円長期予想 後半戦

ドル円2018年後半戦の長期予想と見通し記事

ドル円長期予想目指せ119円!ドル円2018年後半戦は買いで大丈夫!?ドル円 長期予想と見通し