今週も予想完璧で大当たり!みんな儲けてくれたよね?来週の為替予想

週間為替予想

はじめまして、予想が調子よく当たると調子に乗るパンダです。

先週書いた記事や週半ばで書いた予想記事はなかなか良い感じで当たってくれて利益になった次第です。

最近と言いますか以前から「フィボナッチの使い方を個別で教えてほしい」との相談がよくありますが申し訳ないと思いながらだいたい断っています。

フィボナッチや相場について簡単な質問などはライン@で返信はしていますが、1から教えるというのは時間の関係や教える自信がないなどの理由で断っています。

ただけっこうな相談がくるので無料レポートという形でフィボナッチの使い方を配布することにしました。

詳しくはこの記事の下に無料配布の条件などを書いた記事のリンクを貼っています。

最近の予想を見ていただいてもわかるようにフィボナッチは調子が良いときはバシバシ利益とれたり、相場の利食いポイントや損切りポイントが明確で使い方も簡単です。

フィボナッチを覚えたい方は方は参考にしていただければと思います。

ドル円は直近安値を割ってくるか?来週はテクニカル的な反発が入る可能性が大!

今週は私を信じてエントリーした方は利益になった方は多いはずです、とこんな調子にのったこと言っている次の週は大きく曲げることが多々あるので注意してください。

来週の為替予想ですがチャートをみていても難しい感じですが頑張って予想していきますのでよろしくお願いいたします。

それにしても今週はなかなか良いトレードになったと思っていて、少し先週の予想のおさらいをしてから来週の予想や見通しに入りたいと思います。

そんな自慢のようなこといらねーよ、と思われるかもしれませんがチャートは見直しも大事なのでテクニカル分析中の方は参考にしていただければと思います。

111.010【111.850を割るまでの目標値】

110.490【111.010を下抜けした場合の第2目標値】

四角の枠部分でフィボナッチの目標値算出をしています、第1目標値111.010まではあと少しで到達なので月曜日の窓開けで到達もありえます。

もし第1目標値を割って取引き開始なら第2目標値までは戻り売り戦略。

月曜日上窓でスタートなら第1目標値までは売り戦略と思っています。

上が先週の週間為替予想からの引用。

今週の安値が110.510付近なので誤差2PIPS程度で第2目標値が週間の安値となりました。

ここまで相場を際でとらえられるテクニカル分析は本当によいといつもおもってしましいます。

このパターンだと売りで利食いした方も利益になっているし、目標値到達からの反発狙いを短期買いで入っても現在は利益になっています。

ユーロ円に関しても今週はユーロ円も良い感じでした。

ユーロ円の来週の予想は4時間足レベルのチャートで分析しています、第1目標値と第1目標値を割った場合の第2目標値を算出しておきます。

ユーロ円もドル円と同様に第1目標値まであとわずかなところまできているので、今から売り戦略ではなく目標値到達までに反発が入れば売り。

128.240【131.130を上抜けまでの目標値】

124.480【128.240を下抜け下場合の第2目標値】

先週の週間予想記事からの引用。

ユーロ円の第2目標値先週の記事で124.480と書いていますが126.480と書き間違えていました。

おいおい!今更間違えてたって!なんて思う方もいるかもしれませんが、先週の記事のチャート画像ラインを見ていただいたらわかると思います。

ユーロ円書き間違えの第2目標値で利食いできていない方申し訳ございません。

私のブログを見ていただいている方は私が誤字など間違えがちょくちょくあるのを理解していただいていると思いますが、念のためチャートの目標値ラインも今後は確認していただければと思います。

せ

週間為替予想ドル円 来週は110円台までは下落か?ユーロ円は上昇したら売る通貨!【為替予想】

ちなみにポンド円の下落目標値も到達しています。

ただ今RSIレベルが20に到達し低いレベルにいるため反発や持ち合いに一旦入る可能性があります。

今から売り、ではなく大き目の反発が入り目標値の140.910とシナリオ崩壊ラインの損益の比率が良いところまでくれば売りの戦略となります。

140.910【147.150を上抜けするまでの目標値】

ポンド円 4時間足チャートまだ下落!?ドル円 ポンド円ロンガーは注意‼109.610まで下落の可能性

このポンド円シナリオは予想記事書いてから反発か持ち合いになると思っていましたが一気に到達、売りで入るチャンスはなかったですがシナリオは完成。

さて、ここからは来週の為替の見通しですがユーロ円やポンド円などはテクニカル的な反発か持ち合いに入る可能性が高いかなと思っています。

来週はドル円はユーロ円とポンド円もフィボナッチリトレースメント相場か?

ドル円は週の半ばに書いた4時間足レベルのシナリオをチャート形成できていないので様子と見る展開となり、ポンド円は反発に注目。

4時間足シナリオについては記事で確認お願いします。

ポンド円 4時間足チャートまだ下落!?ドル円 ポンド円ロンガーは注意‼109.610まで下落の可能性

ドル円は記事に書いているシナリオになるのは先週の安値をしっかり割ってローソク足が固まったらとなります。

先週はドル円もポンド円もユーロ円も目標値到達しシナリオ完成しているので、来週はしっかりした反発が入ってくるのでは?と思っています。

来週は今週の安値を割るまでは短期買い戦略になると思います。

ポンド円 フィボナッチリトレースメントのポイント

ポンド円の短期買いの利食いポイント、それかまだまだ下がると思う場合はショートで勝負をかけれるポイントです。

  • 142.850【フィボナッチ23.6%】
  • 144.090【フィボナッチ38.2%】
  • 144.960【フィボナッチ50%】

ユーロ円 フィボナッチリトレースメントのポイント

ユーロ円の短期買い、まだまだ下がると思うならショートで勝負するポイントです。

ポンド円も同じですが、今週の安値を週初めから割ってきたらフィボナッチの起点が変わりますので注意してください。

このポイントは今週の安値を割らず来週反発が入った時に機能すると考えれるポイントです。

  • 127.410【フィボナッチ23.6%】
  • 128.280【フィボナッチ38.2%】
  • 128.960【フィボナッチ50%】

来週のユーロ円

ドル円は直近安値を割ってくるかに注目 来週の見通し

ドル円は来週今週の安値を割ってくるかに注目し、新しい動きになるまでは様子を見る感じとなります。

ドル円も先週の週間予想目標値に到達しポンド円やユーロ円のようにフィボナッチリトレースメントの相場、、となるのですがチャートが綺麗ではないので短期買いなどもパス。

とりあえず良いチャートの形を作るかを監視していきます。

0811 来週のドル円8月

誤差0PIPSを狙えるフィボナッチの手法を解説した無料レポートの配布に関する記事

トレンドライン FX 引き方【毎月限定10名】誤差0PIPSも狙えるフィボナッチ手法レポートを配布

ライン@限定の予想配信やツイッターで短期予想も配信しています。

友だち追加数