FXは怖い、危険なのに「0を1にするイケダハヤト氏」の煽りに要注意

このお盆中に資産運用をすすめるような記事を出しているイケダハヤト氏。

イケダハヤト氏を知らない方へ簡単に説明すると、サラリーマンなどをディスりまくって炎上してブログで稼いでいる有名ブロガーです。

最近FXに参入で色々と力をいれているようですが、初心者を勘違いさせるような記事を書いているので初心者の方が勘違いしないように記事にしておきたいと思います。

0を1にするイケダハヤト氏 FXは「怖い、危険」と思っていない?ポジショントークでなければそれが怖い

まず結論からいいますと、イケダハヤト氏や別のサイトや広告でこれからFXトレードをしようと思っている方はやめた方が良いでしょう。

そしてイケダハヤト氏をしらない方は

・「FXは怖い、危ない」と思い込んでる無知なあなたを、全力で改心させるよ!の記事をまず読んでいただければと思います。

私のブログはFX予想ブログで、読者はFXトレードをしている方がほとんどなので、長いことトレードしている方なら「なにいってんの?」となる方もいるはずです。

記事の最初に奥様に「大丈夫?FXって怖いんじゃないの?読者のみんなを不幸にしてない?」と言われた事を書いてます。

  • 大丈夫じゃないよ!FXはじめた人のほとんどが不幸になるよ

が答えと私は思うのですが、FX初心者のイケダハヤト氏の答え。

……ということを言われたわけです。さすが妻。読者の心配をしてくれています!

が、これはけっこう思い込み。

ちゃんと勉強してやってみれば「FX=怖い」というのは先入観に過ぎないことがわかります。

ぼくも200万円以上突っ込んでますが、これがゼロになることはおそらくありません。

引用・FXは怖い、危ない」と思い込んでる無知なあなたを、全力で改心させるよ!

逆にちゃんと勉強してトレードするほど「FXは怖い」と思うようになるし。

FXの予想ブログを書いてる私が言っても説得力はないかもしれませんが、私がもし「これからFXはじめようと思っています」と相談されたら間違いなく「やめたほうが良いよ」と答えます。

理由は簡単で「難しくて損失になる可能性が高い

これは私に限らず長いことFXトレードをしている方なら同じ答えをだす方も多いのではないでしょうか?

すでにトレードしている方からの相談、アドバイスは私もよくしています。しかしFXトレードをしたことがない人へ勧誘というのはしないようにしている。

理由は投資をしたことがない人に投資をすすめるのはリスク、デメリットでしかありません。

損失がでたら必ず「あいつがすすめたから、」なんて思う人は必ずでてきます、恨まれる可能性が高くデメリットでしかない。

私の予想の記事ですら「信じて損しただろ!」みたいなメッセージたまにくるし。

仮想通貨を考えても煽りまくっていたイケダハヤト氏を恨んでいる人は多くいると予想されます。

ブログでお金を稼ぐことは悪いことではありませんが、投資をしたことがない人に将来のために~とか言って「投資をすすめる」のって銀行員がおじーちゃんおばーちゃんに投資信託を販売するのと同じように思います。

手数料(アフィリエイト)のためにだいたい損する商品の販売。

投資を開始する判断は自分でイケダハヤト氏が犯罪者ということではもちろんありません。

ただ損失がでる可能性が高い投資を積極的にすすめることは、アフィリエイトのお金欲しさに人の大事なお金は減っても関係ないということ。

投資なんてだいたいの人が損するようになっていて、0の人をわざわざ甘い言葉で1にするのって何考えているんだろうと思う次第です。

イケダハヤト氏は10年FXトレードしていても1発で何千万も損失がでるFXが危険で怖いと思わない?

ではイケダハヤト氏の考えを私なりの考えで解説していきたいと思います。

そもそもFXがなぜ怖いかというと、入金したお金がすべてなくなる「ロスカット」が発生しうるからです。

勘違いしている人が多いですが、原則的に、入金した以上の損失は発生しません。

ただし、これはあくまで「原則的に」というだけであって、取引所のシステムや状況によっては入金額以上の損失が発生する可能性もゼロではありません。

引用・FXは怖い、危ない」と思い込んでる無知なあなたを、全力で改心させるよ!

なんか証券会社やガチガチのアフィリエイトサイトにでてきそうな安心させる言葉。

FXが怖い理由の1つが「ロスカット」、ロスカットって怖いですか?

確かにロスカットされて大金なくなった時は「FXは怖い」と思うでしょう。

しかし本当に怖いのは私は

  • 「ロスカットまでの道のり」が一番の恐怖。

と思っていて、ロスカットなんて怖くない。ロスカットになるまでの相場の動きで精神的にまいることがいろいろな意味で恐怖。

イケダハヤト氏は「ロスカットするようなポジションの建て方が悪い」というでしょう。

イケダハヤト氏は頭は良いので、しっかり計画的にポジションを建てていくことができるタイプと思います。

しかしみんながそんなトレードができるわけではありません、FXトレードは欲望の固まりで利益をあげたくて参戦しています。

損失が膨らんでくると平均約定価格を下げようとナンピン(買い増し)します。

このナンピンを何回もして助かることも多くありますが、今回のようなトルコリラのスーパー下落トレンドに捕まると「損失が大きくなり損切りできない状況(損切りした方が良い事は理解していても金額が大きくてできない)」で最後はロスカットパターン。

ロスカットは怖いというより絶望と相場からの解放感、怖いのはロスカットまでの精神的なところの方が私は怖いと思います。

ツイッターで話題のなったツイートですが、この方も12年間もトレードしていて今回のトルコリラで4700万無くなったようで、これでもイケダハヤト氏も怖くないというのかな?

12年トレードしているのは私も同じぐらいなので、いろいろな暴落をみて経験して相場の怖さも理解していたと思います。

なので12年間相場で生きてこれたと思います、しかし相場では引くに引けなくなることがありわかっていても、、という心理です。

上のツイートの「少しすっきり」はロスカットまでの精神的な悩みから解放なれとことによるものと思われ、この経験は私にもあり理解できます。

私だけではなく、あの解放された感じはロスカットまでの苦痛を味わったことがある方なら体験している方もいるはず。

ちょうど昨日の記事でも同じようなことを書きました。

金額に大きい小さいなどありますが、退場をくらうと「あ~~、終わったなあ」といった気持ちと「やっと解放された」といった気持ちもでていたのを覚えています。

今日のドル円予想0813退場者続出トルコリラ!ドル円直近の安値更新で新たな下落シナリオへ

イケダハヤト氏のいうようにロスカットは人により怖いと思うかもしれませんが、本当に怖いのはロスカットまでの精神状況

価格ばかり気になり、楽しい事をしている最中でもふと価格を見て下落していたら少し気分が落ちるなど生活に影響がでる場合もあります。

余裕をもったトレードを最初はしても、いつかナンピンで引けなくなったときに「たった1回のトレード」で大きな損となるのがFXです。

FXでの借金は消費者金融で借りる場合が多いが「急変動」で何百万の追証もある

イケダハヤト氏はFXでの借金についても解説していくれています。

この部分はだいたい同じ意見なのですが、急変動での借金についてもう少し詳しく書いた方が良いでしょう。

イケダハヤト氏の記事を見ているとロスカットがあるから借金になる可能性は低く、FXでの借金はだいたいが消費者金融でお金を借りて取引きするから借金になる。

だいたいFXで借金つくる人はそうなのですが、気をつけないとダメなのが「数年に一度は必ずロスカットが作動せず何百万、何千万の追証(借金)」になる事件がおきています。

消費者金融で借りてトレードしている方は自分が「すでに借金をしている」ということを理解しています。

しかしお金を借りずに自己資金でトレードしている方は「借金をするなんて思っていない」という事。

イケダハヤト氏の記事でもロスカットが作動しないことはしっかり書いていますが、情報が東日本大震災の時のことだけ。

直近では2011年の東日本大震災で、ロスカットが間に合わず、証拠金がマイナスになるケースが発生したそうで。

引用・FXは怖い、危ない」と思い込んでる無知なあなたを、全力で改心させるよ!

ロスカット作動しない案件「直近が2011年」だそうです、、、いやいや、2015年スイスショックもありますし。

揚げ足とるつもりはないですが、経験がない人は「東日本大震災ぐらいの衝撃がないとロスカットが作動しないことはない」と勘違いする方もいるかもしれません。

ロスカットが作動しなかったのが2011年とかだいぶ前で、ほんとたまにしかおきない事と安心していては危険です。

スイスフラン暴落予想してたら2015年の大暴落思いだした(汗)ドルスイス(USDCHF)見通しと予想

スイスショックについては記事で簡単に説明しています、気になる方は見てください。

このスイスショックでは最大3800PIPSの暴落で、20分に間に41%も下落した大事件。

わずか20分で41%も暴落した「スイスショック」!
筆者が為替業界に身をおいてから十数年、いろいろな修羅場を経験してきたが、2001年「9・11」時に匹敵する衝撃を再度味わったのが昨日(2015年1月15日)だった。

引用・9.11に匹敵する衝撃の「スイスショック」!円相場がその二の舞となる可能性も!?

ほかの記事では30%の暴落などもありましたが、この記事では上の記事の40%で例えたいと思います。

ドル円で例えるなら100円の価格から20分で60円台になるということ、ドル円が1日でこんな暴落が起きたら世界中がパニックになりますが、スイス関連の通貨では最大41%の下落が20分間で起きています。

1,000万投資していたら資産が一瞬で600万まで減るイメージです、ここで「でも600万円残るよね?」ではありません。

FXトレーダーはほとんどの方が高い低いはありますがレバレッジをかけています。

40%の下落で「1,000万円が600万円」ではなく借金になる理由について説明させていただきます。

レバレッジは預けている資金以上の取引きができるが危険

FXの魅力はレバレッジをきかせれるのが魅力、私ももちろんレバレッジをかけてエントリーして取引きしています。

このレバレッジというのは「預けている資金以上の取引きができる」というシステム。

国内のFX会社は最大25倍のレバレッジとなっていて、1,000万円の資金があればレバレッジ25倍なら最大2憶5千万円の取引きができることになります。

もう少しわかりやすく説明すると「1,000万円しか資金はないが、レバレッジをかけて資金以上のドルの購入の例え

  • 1000万の資産が40%減ると600万でマイナス400万【レバレッジ0倍】
  • 2000万の資産が40%減ると1,200万でマイナス800万レバレッジ2倍】
  • 3000万の資産が40%減ると1,800万でマイナス1200万【レバレッジ3倍】
  • 4,000万の資産が40%減ると2,400万でマイナス1600万【レバレッジ4倍】
  • 5,000万の資産が40%減ると3,000万でマイナス2,000万【レバレッジ5倍】

簡単にわかりやすいように説明すると上のような感じになります。

もともと1,000万円しか資金はないけど、レバレッジをきかせることで元々の資金より多くの取引きができるようになります。

上のマイナスで計算するとレバレッジ3倍からマイナス40%の暴落に巻き込まれると、ロスカットが発動しなければ借金になる可能性が大きくなりますよね?

システムの回復でロスカットが発動するタイミングにもよりますが、最大下落付近でロスカット発動されると1,200万の損切りに対して資金が1,000万ならマイナス200万の追証。

これを数日以内に証券会社へ振り込みしなければなりません。

統計などはとっていないのではっきりはわかりませんが、FXトレードはレバレッジ3倍以上でトレードしている方がほとんだと思います。

私もいつも3倍以上のレバレッジになっていますし、ツイッターやSNS関連で交流がある方も5倍10倍などでトレードしている方は多くいます。

短期トレードなら20倍とかで取引している方も多くいるのではないでしょうか?

1,000万をレバレッジ5倍で運用してマイナス40%で2,000万のマイナス、ロスカット発動しなければ大変な損失

システムが回復してある程度価格が戻っていても数千万、数百万の借金になる可能性は高いといえます。

スイスショックなどロスカットが発動しないような急変動は数年に一度しか起きません。

 

しかしその数年に一度の事故のような暴落に巻き込まれた時に大きな借金となる可能性が高いわけで、またそのような暴落での借金は思いもしない借金となり精神的にやられることになると思います。

消費者金融などで借りてトレードしている方は自分でお金を借りているので借金の自覚があります、ただ暴落での借金は思いしない借金なので絶望しかないと思います。

2016年や2009年にはランド円も暴落やクリック365での異常なスプレッドで借金になった件や、投資家が裁判もした件もあります。

9円が限界か!?2017年南アフリカランド/円チャートで見る長期予想と見通し

ランド円事件もほんとうに簡単にですが記事にて解説しています。

数年に一度はロスカットが発動しないような暴落があり、ロスカットは発動するけど胃が痛くなるような暴落や暴騰は年に何回かはあります。

もしこれからFXへ参入する方は最悪借金になる可能性があると強く思って初めてください。

私はランド円やスイス関連の通貨を取引きしていないため紹介したショックは直接うけていません。

たまたまその通貨をレバレッジかけてもっていなかっただけで運が良いだけでもあり、今後の事はわかりません。

FXは「怖いし危険」があたりまえ!数万円儲けた話しで「いいな」は大怪我のもと

何度も言いますがFXは「怖いし危険」です。

FXに限らず投資商品全般に言えることで、変な暴落などに巻き込まれたら一発で1年、2年積み上げた利益がなくなることも普通にあります。

ただトレードが上達したら儲かるのも確かに事実ではありますが、ほとんどのFXトレーダーが退場していくのが現状となります。

イケダハヤト氏の自動売買で数万円儲かった記事を見て「不労所得ほしい」なんて軽い気持ちで入ってきたら大怪我する市場です。

取引きするルールを決めても「やぶってしまう」ことは人間なのであるでしょう。

俺ならできる」とか根拠のない自信でFXトレードへ参入する方もいるかもしれません、そんな方は9割以上の確率で退場すると思います。

まとめると危険の市場へFXしたことない層を勧誘するのは良くない

FXアンチみたいな記事となっていますが、この記事は「これからFXトレードしよう」とか思っている方へ向けた記事です。

私はFXトレードとチャート分析が好きで、10年以上FXトレードをしてますがFXをしたことない人にすすめれるものではないと思っています。

私もブログにアフィリエイト広告をはっているので「おまえも同じだろ」と言われればそうなのですが、私のブログにたどり着くのはFXトレーダーが95%以上と言っても良いです。

理由は「来週のドル円 予想や豪ドル円予想 見通し」など、通貨の予想検索関連でブログにたどり着く方がほとんど。

予想や見通しなどで検索する方は、FXトレードをしていてポジションがどうなるか?が気になり検索で調べます。

FXをしていない方が来週のドル円 予想なんかまず検索しないでしょう、私は広告を貼るのもFXトレードをしている方へ向けた広告となり、FXしていない方を新規で入れ込む気はありません

私のブログは為替の予想記事がメインで、予想は外れることも多くありますが当たることも多くありますが、良い情報を共有しているつもりです。

いつも予想記事頑張ってるし広告でちょっとした収入もらいますといった感じです。

0を1にするように、FXをしたことない方を「ほっとけば儲かるよ、不労所得のために、、」とかの言葉で勧誘することはありません。

FXは儲かるよー、自動売買は寝てても利益上がるよー」などでFXしたことない人を勧誘するのはイケダハヤト氏の影響力なら簡単かもしれません。

私が同じ内容書いても私のブログ読者は「うっせーパンダ!広告はいいからハズれる予想じゃなくてさっさと当たる予想だせ!」パターンでしょう。

仮想通貨の時もそうですが、イケダハヤト氏の金融系のアフィリエイトの勧誘方法は目先のお金のためにリスクを負っているとしか思えない

イケダハヤト氏が一番わかっている事と思いますが、世の中には変な人って言い方はおかしいかもしれませんが、ブログの内容などに本気でクレームつけてくる人はいます。

なんどか書きましたが私の予想が外れただけでライン@とかで本気で怒ってくる人、それがFXを覚えさせて大きな損失喰らう人が何人もあわれたらリスクしかないと思うんですよね。

お金系の恨みをほんと怖いし、イケダハヤト氏もバカじゃないからリスクとわかっていて煽っているんだろうけど家もすぐバレるのに凄いなあと。

まあ、なんかダラダラと長いこと書きましたが、プロブロガーの記事をみて「FXやってみようかな」なんて思っている人へ私はおすすめしないという記事でした。

それと仮想通貨もおすすめしません、ほかの投資はわからないのでなんとも言えませんがFXより良い投資なんていっぱいあると思うので、どうしても投資したい場合はFXや仮想通貨以外で探したほうが良いと思います。

人気の関連記事

トルコリラ見通しは買い!理由は逆指標の神イケダハヤト氏が「短期売り」

ライン@限定の予想配信やツイッターで短期予想も配信しています。

友だち追加数