FXは勝てない!?勝つ為に初心者に読んで欲しい記事10選≫≫

今日は少し大きめの反発も?ドル円やポンド円の今日の予想と見通し

今日のドル円 為替予想

こんにちは、少し前の強い相場が嘘のように崩れていっている為替相場ですがチャート分析では素直に動いていてとりやすい状況と思います。

今週の週間予想の目標値に到達したユーロ円はこれからはいつ少し大きめの反発が入ってもおかしくない状況と思いますので短期でショートを突っ込んでいっている方は急な反発には注意が必要と思います。

一気に下落より反発が入る?ドル円 ポンド円 今日の予想と見通し

少し前までショートには厳しい相場だったのに今週はとくにロングに厳しい相場へと変わっています。

ちなみにカッコ悪い話しではありますが私は少し前にドル円高値で切っちゃってます、、(汗)

切らずに持っていれば、、、一応トレードルールだし、なんて思うのですが結果論なんで悔しいながら短期トレードでチマチマと頑張って稼いでいます。

今週は週間予想でもドル円やクロス円は下落と予想していてチャートに忠実に動いていてテクニカル分析でのトレーダーは利益を上げている方が多い相場ではないかと思います。

今日のドル円や為替予想ですが少し大きめの反発が入る可能性もあり短期ショートでの勝負は少し怖いように思っています。

ユーロ円 4時間足チャートの第2目標値到達で少し大きめの反発も?

今日のユーロ円の為替予想ですは下落しても限定的で少し大きめの反発がそろそろくると思ってはいます。

週初めに安値更新にたえて反発した場合のフィボナッチの戻しポイント、反発しても131.410を上抜けせずの先週の安値更新した場合は124.990付近が目標値となります。

ポンド円やドル円のフィボナッチは目標値はまだ継続中です、来週は達成するか注目です。

トランプ氏と金正恩のプロレス相場?来週もドルやクロス円は下落か

今週の週間為替予想での目標値に到達しました、第2目標値に到達なので次はフィボナッチリトレースメントを引いて反発が入ればどこまで戻すのか見ていこうと思います。

今日のユーロ円予想

ユーロ円4時間足チャート

フィボナッチの第2目標値到達は逆張りでも勝率が高い場面でもあります、一回目の目標値到達や到達で下に走った時にエントリーして、そのまま安値更新したとしても50PIPS~100PIPSでナンピンで最悪逃げれるか大き目の反発が入り利益にできることが多くあります。

ただ本当に強い相場の時にはやられるので無限ナンピンではなく損失は最初の決めていることはもちろん必要。

上のチャートでもわかると思います、目標値から下抜けはしましたが今は少し反発中で損失にはなっていません。

上のチャートの状況で後RSIのレベルが20を切っていたらもっと良いと言えますがRSIレベルではまだ下落を十分狙ってくるレベルとも思います。

  • 126.650(フィボナッチ23.6%)
  • 127.900(フィボナッチ38.2%)

今の4時間足チャートからの分析では第2目標値到達なので反発を待ちフィボナッチリトレースメントに反応するのか?このまま下落ならまた目標値が算出できる形まで待つか。となります。

今日のドル円の予想と見通し

ユーロ円は目標値到達で一旦4時間足チャートのシナリオは完成となりました、しかしドル円はまだ下の目標値があり私の分析ではまだ下を狙ってくると見通しています。

米朝首脳会談ネタで上昇か下落かはわかりませんがフィボナッチの目標値算出ではもう少し下落するチャートとなっています。

108.800(110.340を上抜けするまでの目標値)

000.000(ライン@で配信)

108.800を下抜けした第2目標値もありますがライン@で配信します。

ドル円は第1目標値を下抜けしたので次はライン@で配信した第2目標値がターゲットとフィボナッチではなります。

今記事を書きながらドル円やクロス円は反発となっていますが、110.340を上抜けするまでは下落目線です。

今日のドル円チャート

ドル円4時間足チャート

  • 108.820(フィボナッチ23.6%)
  • 109.280(フィボナッチ38.2%)

このまま少し大きめの反発が入っても大丈夫なようにドル円にもフィボナッチを装備しておきます。

反発が入ればフィボナッチに反応するか見て次の目標値までショートで勝負をかけたりもできます。

今日のポンド円の予想と見通し

ポンド円に関しても週間予想記事の第1目標値到達で少し下抜けしています。

ポンド円4時間足チャートでもフィボナッチ目標値

144.390(150.110を上抜けするまでの目標値)

000.000(ライン@で配信、144.390を下抜けした場合の目標値)

ポンド円4時間足チャート

ポンド円は第1目標値到達からローソク足数本目標値を割った状態でキマッたので第2目標値へいく可能性は高くなりました。

予想ポイントを少し割った程度での固まりなのでどうかな?と思うところもありますがドル円がまだ下を行くと見通しているのでポンド円もまだ下を狙ってくると判断。

しかし第1目標値到達からの反発の可能性があり、ポンド円もフィボナッチリトレースメントを装備なせて反発が入ればフィボナッチポイントまでくるのか?を見ていきたいと思います。

今日のドル円や為替は少し大きめの反発がきてもおかしくないと思っています、しかしドル円やポンド円は大きめの反発が入れば売りで勝負していく戦略でいきたいと思います。

万能ではないけど凄く役に立つフィボナッチの使い方の記事もありますので気になる方は参考にしていただければと思います。

フィボナッチ完全攻略!初心者でも5分で出来る引き方と使い方教えます!

[temp id=3] [temp id=2]