FXは危険?借金になる場合とは?FX初心者へ伝えたい知識と準備を解説

FX初心者

ここ数年「資産運用」といったキーワードがテレビやネットでもよく見かけるようになりました。

資産運用と言えが数年前までは「株の売り買い」や銀行などが販売している「投資信託」でしたが最近ではビットコインなどの仮想通貨などでも資産運用などと言われ投資の幅は増えています。

FXトレードも資産運用として宣伝されていることもありますが、今後FXで投資をはじめることを検討している方やFXをはじめたばかりの初心者の方へFXで資産を増やすためへのアドバイスや基礎知識を記事にしたいと思います。

FX初心者はまず「10万円」で少額取引 いきなり大金取引きは危険

FX取引きは90%以上のトレーダーが損失をだしていると昔から言われている厳しい世界です。

しかししっかり知識を学び技術を身につければ効率よく資産を増やせるのも事実です、この記事でこれからFX取引きをはじめることを検討している方や初心者の方へ少しでも負けないトレーダーへ導くとこができたら幸いです。

これからFX取引きをはじめるに必要なことは?口座開設は簡単 最短1日で取引も

これからFX取引きをはじめることを検討している方はまず何をしたら良いのか?証券会社はいっぱいあるけどどこが良いのか?と悩むと思います。

結論から書きますが今広告などでよく見るFX会社ならどこも似たり寄ったりなので私はどこでも良いと思います。

私はFX取引きをはじめて10年以上なりますがGMOクリック証券とヒロセ通商のライオンFXの2つの口座を使い分けて使用していますが、まずはデモトレードの画面で「使いやすそうだな」と思う証券会社を選び使用してみるとで良いでしょう。

FX口座の作り方は証券会社のページを見たら丁寧に説明しているのでこの記事では割愛させていただきます。

口座開設は審査はありますが余程変な(投機目的や余剰資金以外での取引)記載をしなければ簡単に作ることはできるはずです。

私も昔は色々な証券会社の口座を作りましたが作れなかったことはありません、そして早ければ翌日には口座開設ができて取引きできます。

初めてFX取引きする場合はデモトレードではなく少額投資からはじめないと危険

これからFX取引きをはじめる方でデモトレードでお金が増えたから実際のお金で大きく取引きするのは危険。

  • 初心者FXトレーダーのあるある
  • デモトレードで大きく儲かったけど実トレードで大損パターン

デモトレードで資金5倍にできたしいよいよ本番!本番では速攻で資金が半分、なんてことも珍しくありません。

この原因はデモトレードでは資金は多くあり「自分のお金ではないためマイナスが気にならない」から放置できるなどの理由が私はあると思います。

デモトレードで練習するのではなく私は「少額でも良いから自分のお金で取引きをする」ということをおすすめします。

FX取引きでは1,000通貨など少額から取引きできるFX会社も多くあり、まずは少額で練習してみましょう。

FX取引きの単位「1,000通貨や10,000通貨」とは?

FX取引きでは取引き単位があり初心者の方はまず「1,000通貨」でのリアルトレードからはじめましょう。

1,000通貨単位のトレードから始める場合は3万円程度の入金でも十分練習トレードもできます、デモトレードをした事がある方なら10,000通貨単位で取引している場合が多いでしょう。

10,000通貨での取引なら1円の変動で1万円の利益や損失となります、米ドルを100円ちょうどで10,000通貨購入。

100円から99円に下落したら10,000円の損失となります、101円に上昇したら10,000円の利益ですね。

1,000通貨の取引きの場合は単位が10分の1なので損失や利益も10分の1で1円の値動きで1,000円の利益や損失になります。そして重要なのは最初にお金を沢山いれないこと。

  • 1,000通貨単位での取引ならお金をたくさん入金してても問題ないのではないのか?

最初の少額で取引きしていても少しなれた頃に大きく取引きをしてしまい取り返しのつかない損失になることもあるので初心者の方は最初の入金は少なくすることを私はおすすめします。

FXは証拠金取引でレバレッジを最大25倍までかけれるので最初は少額取引でも少しづつ大きな取引きをしてしまう方も多くいます。

パンダさん!レバレッジってなんでしょうか?最大25倍?

FX取引きの魅力でもあり危険でもあるレバレッジとは?

最近ではビットコインFXでレバレッジトレードをしている方も多くいますが、レバレッジとは自分の入金しているお金より多くの資金で取引ができることです。

現在日本での最大レバレッジは25倍となっていて、100万円入金していればれレバレッジ25倍なら2500万円までの取引きができます。

レバレッジは自分で調整できるので資金対して取引きする枚数を抑えたり証券会社により設定で決めておくこともできます。

FXで退場(資金がなくなり取引き不能)する方のほとんどがレバレッジのかけ過ぎでの退場です、最初に5万円の入金からはじめてもレバレッジ25倍で取引きできるいっぱいいっぱいしていたらあっというまにロスカットされます。

FX初心者の方やこれからトレードをはじめる方は一度強制ロスカットは経験していた方が良いと思うので少額でレバレッジ最大25倍で取引してみても良いかもしれません。

いきなり100万円の入金でいきなり強制ロスカットされたら取り返そうと思いまた大きな取引き→また強制ロスカットであっという間に資金が半分に、、なんてこともありえます。

まずは5万円や10万円でレバレッジのかけ方や強制ロスカットの経験、取引きツールの使い方になれることが生きていけるトレーダーになる第1歩だと私は思います。

FX取引きには強制ロスカット機能はありますがレバレッジをかけ過ぎると大きな値動きがあった場合などは強制ロスカット機能が働かず借金になることもあります

  • 強制ロスカットでFXって借金になるこもあるので気をつけましょう

FX取引きはレバレッジをかけ過ぎて取引きをしていると大きな変動があった場合などは借金になることもあるので注意しましょう。

FX 強制ロスカットと借金になる可能性が高い取引きとは?

FX取引きには強制ロスカットという機能があり、ある程度資金が減ると証券会社が自動でポジションを決済してくれる機能となります。

強制ロスカットになるのは証拠金(証券会社に預けているお金)に対して〇%のマイナスになったら強制的に決済されるというのが基本的なルール。

レバレッジ25倍かけて取引きしたら簡単に強制ロスカットを経験できますが、強制ロスカットされる取引きや大きなレバレッジ取引きを続けていると運が悪ければ借金になるということは覚えていてください。

FX取引きで借金になるパターンとは?

FX初心者に限らずFX市場で取引をしていると1年に最低でも1回は相場を大きく動かすニュースで大きな値動きになります。

例えば昔の話でいうと「リーマンショック」などは世界的な金融ニュースで知っている方も多いはずです、金融市場を揺るがす大きなニュースが出てくれば株はもちろん為替も大きく動きます。

大きなニュースで為替が大きく動いたときは強制ロスカットになるトレーダーは多くいますが、怖いのが「強制ロスカットが作動しない」場合などです。

普段は強制ロスカットでFXは預けている証拠金はある程度守られ借金やゼロにはならないようになっています。

しかし大きな変動でロスカットされたりシステムがダウンして本当は強制ロスカットされるところでもされずマイナスはどんどん増えて借金に、、、システム復旧でロスカットされ数百万~数千万の借金にということは実際に起きています。

  • レバレッジをかけ過ぎてロスカット機能が作動しなければ数千万円の借金になる可能性も!

レバレッジのかけ過ぎが原因でもありますが急変動で大きく相場が動いて強制ロスカットが発動しない場合はレバレッジを少し落としていてもマイナスになる可能性もあるので注意が必要です。

マイナス分は証券会社へ返せば良いのですが証券会社へ返すお金がない場合は借金となり返済していかなければなりません。

レバレッジかけ過ぎの週末ポジション持越しにも注意!

そして初心者にありがちなトレードで資金いっぱいいっぱい取引きをしていて週末にポジションを持ち越すという失敗があります。

為替の取引きは月曜日の朝から土曜日の朝まで取引きできるのが基本で土曜のお昼や日曜日は取引きができなくなっています。

経済関連のニュースは週末にもでてくることも多くあり、ニュースが株や為替の相場を大きく動かすニュースなら月曜日のオープンから相場は変動していて土曜日ドル円が100円ちょうどで終了していたとしても市場オープン時には97円からスタートなんてこともありえます。

いきなり3円もマイナススタートしたらレバレッジ25倍などのハイレバレッジで取引きしていたらオープンと同時に強制ロスカット。

ポンド円は大きく変動する通貨で有名ですが7円の変動とかもしあれば資金はほとんどなくなってロスカットか下手したら証拠金がマイナスで証券会社へ追証を払わなければならない状況にも。

レバレッジのかけ過ぎでの週末ポジションの持越しはやめた方が良いといえます。

レバレッジは上手に使うことで資金効率がよくなり悪いことばかりではない

FXで借金になる可能性のあるレバレッジのかけ過ぎや危険性はある程度理解していただけましたか?

今の説明で「FXは怖い」と思った方もいるかもしれません、FXに限らず投資は怖いとまずは思っても良いと私は思います。

資産運用という綺麗な言葉で「株の取引きや投資信託」はよく聞く言葉と思いますが株や投資信託にもリスクは十分あります。

株の取引きでも株買った会社が潰れれば価値はゼロとなりお金はなくなります、株価が半分になる可能性も十分ありますし信用取引では借金になることもあり投資にはリスクは必ずあることは理解しましょう。

怖いと思うことでリスクにたいして準備をすることもできますし慎重に投資することで資産を増やすことができます。

  • レバレッジのかけ過ぎを散々怖いと煽りましたが上手に使うことで資金効率がよくなり資産を増やすことができます。

レバレッジを上手に使うのは初心者でもできます、答えは「レバレッジを抑え最大レバレッジを決めておく

現在最大レバレッジは25倍ですが、最大5倍や15倍までと決めて取引きをするだけで強制ロスカットになる確率などが減ります。

最大レバレッジを決めてあとはレバレッジの範囲で取引をして利益を伸ばす取引きをすることです。

レバレッジをかける事が資金効率が良い取引き、しかしかけ過ぎがダメなだけで低いレバレッジで最大を決めてその範囲で取引。

例えば10,000通貨のエントリーでレバレッジが10倍とします、1回の取引きで10,000通貨の取引きをしたらレバレッジ最大10倍と決めている場合はもう取引きができなくなります。

1回の取引きを5000通貨にした場合はまだ5,000通貨エントリーできることになります(値動きにより変わりますが細かいことは記事では抜きます)

初心者にありがちなのは最大レバレッジを低くしても一発で決めているポジションを作ってしまうので利益になりにくいということがあります。

最大レバレッジを低めに設定して更にその範囲での少額エントリーがレバレッジの上手な付き合い方でトレードを上手にするポイントと私は思っています。

FX初心者はトレードスタイルを決めることは重要

FXトレードをはじめる場合に重要なのはトレードスタイルを最初に決めましょう。

トレードスタイルは長期投資や中期~短期投資、スキャルピングなどがあり自分の性格や生活スタイルにあわせて取引きスタイルを決めます。

またファンダメンタルズ分析かテクニカル分析トレードにするのか?などある程度は自分の投資スタイルというのはきめましょう。

ファンダメンタルズ分析かテクニカル分析か?

FX取引きで重要なポイントの1つにエントリーする根拠をファンダメンタルズ分析にするのかテクニカル分析にするるのか?取引きする根拠はトレードで生きのびて利益をあげていくには重要となります。

ファンダメンタルズ分析は私は初心者には不向きと思っているのですが、簡単に説明すれば世界情勢や国の経済状況や政策で判断して取引きをします。

株を購入するのも基本は「これからまだまだ利益を上げたり伸びていきそうな株を買う」と思います。

ドルを買うにしてもアメリカの政策や情勢などいろいろな分析で買ったり売ったりと判断をするのですが経済情勢は政策や貿易や雇用問題などいろいろ調べて先を見通したりするのは初心者には難しいとは思います。

もともと詳しいかたなら良いかもしれませんが凄く勉強しなければならないと思います。

テクニカル分析はチャートで判断

続いてテクニカル分析についてですが、テクニカル分析は基本はチャートで「買うポイントなどを判断」するトレード方法です。

チャートがすべて、経済情勢とか関係なく買ったり売ったりをチャートを見て判断していくのがテクニカル分析となります。上の画像がチャートで取引を決めるツールなどは色々とあり自分で判断していくことができます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を併用しているトレーダーもいますが自分にあったトレードスタイルを少しづつでも見つけていくことが重要です。

テクニカル分析でほとんどのトレーダーが使用しているのが移動平均線という指標なのですが詳しくは別記事に書いているので見ていただければと思います。

FX 負けない移動平均線の期間や設定方法教えます!スキャルピング手法も公開

長期投資と短期投資はどちらが良い?

分析方法と同じように長期投資なのか短期投資で利益をあげていくのか?も重要なポイントです。

長期投資と短期投資では使うツールやレバレッジのかけ方なども変わってきます、短期トレードで利益をあげていく場合には徹底したトレードルールが必要。

トレードルールができる前に短期で取引をしていたら必ず大きな損失となります。

  • トレードルールの徹底とは具体的にどのようなルールか?

トレードルールの徹底とは「チャートがこうなったらエントリーをする、必ず損切りをする、利益確定をする」というルールです。

自分で作ったルールを守れない場合は最初は儲かっていても一回の負けですべての利益を吐き出す取引きになってしまいます。

取引きで難しいのは「損切り」です、損切りとはマイナスのポジションを決済するということなのですが、デモトレードでは簡単にできてもリアルトレードではなかなか出来ず余計に損失が大きくなることがよくあります。

短期取引きのつもりが損切りができず中期投資になってしまい資金を拘束されることも。

短期での取引は大き目のポジションを建てて取引きする場合が多くありますので損切りすると決めていた場所でできないと損失が凄く大きくありますので決めた取引きルールは必ずまもりましょう

長期投資はスワップポイントがあり相場に一喜一憂しない

FX取引きは短期取引きも人気ですが長期投資も人気でスワップポイント(利息と思ってください)狙いでの長期投資家も多くいます。

長期投資は相場に一喜一憂しないというエントリーが基本、そしてスワップポイントというのは利息みたいな感じで買っている通貨によりもらえるポイントが違います。

高金利通貨で人気なので南アフリカランドや豪ドル関連がありますが長期で通貨を保有していたらスワップポイントはどんどん貯まっていき大きな利益となります。

ただ注意が必要なのがスワップポイントは貯まりますが変動でスワップポイントが貯まっていても変動での損失が大きくでたら意味がありません。

けっきょくは変動での利益が重要となるので高金利通貨でスワップ狙いと言っても「エントリーするタイミングは重要」ということです。

そして長期投資だから損切りする場所を決めないで放置プレイというのは私はダメな戦略と思っていて、初心者の方に多いのが「思っている方向と大きく逆行」しているのに「長期投資だから」と自分に言い聞かし想定外の相場の逆行でも誤魔化してポジションを保有するという行為。

長期投資ををしたい、今している初心者トレーダーの方は長期投資についての記事もありますので参考にできる部分は吸収していただければと思いおます。

仮想通貨大暴落!「長期投資」と言う言葉に騙された初心者投資家は馬鹿なの?

FX初心者から脱出するには勉強と検証あるのみ

記事ではFX初心者へのアドバイスとして書かせていただきましたが勝てるトレーダーになるには勉強と検証あるのみです。

私が書いていることがもちろん全てではなく色々なFXブログや本を見て自分にあったトレードスタイルを確立することが初心者から抜け出す一歩となります。

全て真似するのではなく色々なトレーダーの情報に触れて良い部分だけを吸収、真似して駄目だったら捨ててまた良い情報の真似。

これを繰り返すとだんだん良い手法や分析方法が少しづつ出来上がってくるはずです。

FXトレード歴10年以上の経験からいうセミナーや情報商材は私はおすすめできません、私もFXトレードをはじめてまもない頃FXセミナーに行ったこともありましたが意味がありませんでした。

もちろん本当に良いセミナーもありますが、それに出会うかは回数を重ねなければならないかもしれません。

今はネットで調べればセミナーで聞けるような内容はたくさん溢れています、それを時間のある時に本当に役立つ情報か?の検証をするだけです。

ネットの情報もあてにならないし検証とか面倒だしセミナー回った方が効率が良かも?

なんて思ってしまうと情報商材に手を出してしまう可能性もあるので注意です、FXの取引きに聖杯(必ず勝てる方法)はありません。

もしあったとしてもセミナーで回ってくるような事はないと思いましょう、本当に聖杯があるならその聖杯の持ち主は自分でバシバシトレードして稼げる間に稼げるだけ稼ぐでしょう。

聖杯はないと思ったほうが良いですが優位性のあるトレード(勝率が高かったりトータルプラスになりやすい取引)方法は沢山あります、そして優位性のあるトレード方法はネットや本でもたくさん公開されています。

色々な情報にふれて検証して自分のものにしていくことがFX初心者から脱出して利益を安定してだせるトレーダーへの近道と思います。

人気の関連記事

答えはシンプル!FX専業トレーダーの方からアドバイスされ初心者脱出した話し。