FXは勝てない!?勝つ為に初心者に読んで欲しい記事10選≫≫

もう神頼み!ビットコイン直近安値更新で更なる暴落の引き金となるか?

ビットコイン 相場予想

こんにちは、ビットコインがまた大変な価格まで下落していきています。

2月6日付近の安値を死守できるのか?この5893のラインを守れない場合はもう終わった、、、

バブルは崩壊したんだ、、、と思って良いかもしれません。私個人としてはビットコインのバブルはチャートの判断もう終了、とは思っています。

ビットコイン(BTCUSD)2月6日の安値を死守できるか?暴落を防ぐ重要ライン

株や為替でテクニカル分析トレードしている方ならわかるポイントとおもいますが、神頼みライン突入といった感じのビットコインとなってきている状況です。

2月6日のポイントを割られると「騙しであってくれ!お願い!」と言う展開期待となる展開でしょう。

私はビットコイン以外の通貨のチャートは見ていませんがほかのマイナーコインなどもお葬式状態のコインが多くあるとツイッターで見ていて、この週末はストレスがたまっている仮想通貨トレーダーも多くいるのではないでしょうか?

木曜日あたりからビットコイン(BTCUSD)のチャートの雲行きが一段と怪しくなりツイッターでは報告しましたが、この5983付近のラインはテクニカル分析でみれば重要ラインで割ることは「次はどこまで落ちるのか?」と言う地獄の再突入。

次はどこまで落ちるのか?とテクニカル分析では予想する場面です、つい3か月前の「億り人!!」なんてバブリーなニュースがたくさんあったのがウソのように最近ではネガティブニュースが多くなっています。

Twitterは、GoogleやFacebookに倣って自社サイト上でビットコインなど仮想通貨の広告掲載を禁止すると報じられていることについて、事実であることを認めた。

「Twitterコミュニティーの安全確保」という責任の一環として、新規仮想通貨公開(ICO)やトークン販売の広告を禁止する新しいポリシーを追加すると、Twitterの広報担当者は米国時間3月26日、電子メールによる声明で述べた。

引用・CNEY JAPAN Twitterも仮想通貨の広告を禁止へ

最近の仮想通貨やビットコインの相場の下落の材料にもなっている広告禁止系の悪材料。

年明けからほんとネガティブなニュースが多くなっていますが、まだバブルの途中ならこの程度のネガティブニュースでも下落しながら2017年のように高値を狙ってきても良いと思います。

しかし2018年に入ってからはどうでしょうか?ネガティブニュースがでて相場が下落しても、そのまま下落トレンドの勢いのエネルギーになっているように思います。

ビットコインに関してはそろそろ下落に耐え切れず投げ出す方も増えてくる時期と思いますので、そんなときこそ「買い時」ということも言えるのですが、ただ2月6日付近の安値割れはほんとに注意が必要でしょう。

ビットコイン 相場予想

ビットコイン(BTCUSD)日足チャート

チャート赤ラインが重要ラインとなります、このラインを守って反転できるかが重要で反転決めてくれたらダブルボトムの形となり大きな上昇も期待できないこともありません。

しかし反転するか割るかなどは誰にもわからないので、このような時に買いの保有者ができることは「祈る」です、それしかできません。

ビットコイン相場予想 重要ラインを割り込んだらどこまで暴落する?

ここからはテクニカル分析でビットコインでは通用するときとまったく機能しないときなどさまざまで参考程度にしていただければと思います。

もし重要ラインを割り込み目標値まで到達した場合は今後記事で「当たったぜ!」なんて自慢記事を書きたいと思います。

外れた場合はおきまりの「なかったこと」の戦略でいきたいと思います。

  • 2012(2月6日付近の安値を割った場合の目標値、12899付近を上抜けするまでの目標値)

ビットコイン 暴落予想

この予想は私の為替のテクニカル分析の予想方法で目標値を算出しています。

外れることも多くあるので「重要ラインを割った後に損切りしたのに反転してきたじゃねーか!」などのクレームは当たりまえですが言われてもどうしようもないのでご遠慮ください。

2012まで下落したらもう2017年の高値越えは難しい、、、と言うのは投資初心者でも判断できる水準ではないでしょうか?

まぁ投資と言うのは何が起こるかわかならくて100%はありませんがその頃には「仮想通貨の未来に投資」とか言っている人は少なくなっていると思います。

仮想通貨に限らず投資はいつもインチキと思う話し

おまけ的な話しではありますが投資ってほんとインチキばかりだなあと思う。

これは以前から記事などでも書いていますが株や為替、仮想通貨などの投資全般は基本的にインチキばかりと思って個人投資家は投資することをおすすめします。

理由としては理由は説明できないことが多すぎるということなどがあります。

記事の最初でも書きましたが2017年にもビットコインなどのネガティブニュースはでましたよね?

それでも相場はアップトレンドでグングン高値越えで「仮想通貨の時代だーー」なんてツイッターでも仮想通貨のツイート祭り。

しかし2018年に入ってからはどうでしょうか、ネガティブニュースをエネルギーにし相場はどんどん下落し今に至ります。

いや、、わかる、、わかるんです、、相場が上昇し「利益確定の売りや損切りで相場が下落

ビットコインを保有していた大口が売却していっているから下落」と言うのもわかる。

上の内容である程度下落するのは誰でもわかる、しかし「絶対買っている人のほうが多くね!?」なんて思ってしまいます。

ビットコインの取引きは日本人も多いなんてニュースがあったと思いますし、ほかの国の仮想通貨の取引きをしている方も大きく下落している中で「買っている方がほとんど」と私は思っていて、それでもなんで上昇トレンド入らなんだろう。

なんで?なんで?

大口とか個人の利益確定、そこから相場が下落の損切りで相場が下落、それでも2017年までの仮想通貨バブルの勢いで「下落は押し目買い」の感情になっているはずでビットコインの下落で買って買って買い増ししている個人投資家がほとんどのはず。

ビットコイン投資は投資初心者も多いため長期保有+買い増しが多い?

2017年の仮想通貨バブルから投資をはじめた方を多くいると思います。

投資初心者はやはり「仮想通貨の未来」に投資し大きなリターンを得るためもあり長期投資で現在も保有している方も多くいるのではないでしょうか?

そして下落してきたら買い増しをしていっている方も多くいると思います、それでも現状相場は下落トレンドです。

2018年の下落が始まってから絶対買っている個人投資家も多いなか相場はずっと下落してきました。

何が言いたいかと言うと「ビットコインの未来」なんて言って個人投資家が買っても「相場は上昇しない」と言うこと。

儲けたい大口が利益を上げるために動かないと意味がないと思っていて、これは為替や株でも同じことが言えると思っています。

相場はインチキばかり!と思えばすべて許容できる

株などでは業績や将来性で投資をするのは当たり前と思っていますが仕手株などは完璧インチキと言うか「儲けたい人が作る相場」はご存知と思います。

Wikipedia・仕手

投資初心者の方は投資なんてインチキばかりだ!と思いながら投資することをおすすめします。

インチキばかりと思うことのメリットとしては「すべてを許容できる」と言う良い言い方となります。

「ブロックチェーンこれから世界を変えると言われているのにビットコイン下落ってなんだよ!」

となった時に「相場はインチキなんだ」と気休めになるります、そして私が言えることは「ブロックチェーンに未来があってもビットコインの上昇とは別」と言うこと。

これは以前からブログなどでも言っていますがブロックチェーンの技術は色々なところで使われていくと思いますが「ビットコインや仮想通貨が=で上昇」の考えは危険と思います。

もちろん今後仮想通貨はまだまだ上昇する可能性もないとは言えません、しかし闇雲に上昇を信じて買い購入はどうなのか?

相場の下落や上昇は説明がつかないことが多くあり、またその下落や上昇の材料とニュースは後付けでいくらでもでてきます。

これから投資をしていく場合は相場は基本的には「インチキばかり」と思いながら投資することを私はおすすめします。

これだけネガティブなことを言いながらビットコインを買い増すなら「今」

さんざんネガティブなことを言いながらビットコインの買い増しをしてみるなら今のタイミングと私は思います。

これはテクニカル分析でみるタイミングとなりますが、直近安値を割れば買った分を損切りするリスクが少ない買い増しです。

ビットコイン 相場予想

新規でこれから買うのも良いと思いますし、高値でビットコインを買っている方はこのあたりで一回ナンピンして平均約定を落とすと言うのでも良いと思います。

ただ私なら買った後に2月6日付近の安値をしっかり割ってきたら損切りという戦略でになると思います。

反転期待ができるポイントでのナンピンや買い増しは良い戦略ではあります。ただラインを割ればしっかり撤退すると言うルールも大事です。

ライン@限定の予想なども配信しています
友達追加はこちらから
友だち追加数