ビットコインは今後危険な投資対象に?ブロックチェーンをスマートフォンに例えて解説!

FX 経済コラム

私は仮想通貨の投資はしていませんがブロックチェーンの技術については少し知っていた方が良いと思い本1冊だけと検索などで少し調べたところ「あ~!そう言う技術なんだ」と思いました。

ブロックチェーンの技術は確かに今後色々な場面で使われていくんだろうな。ということはなんとなくで今年も仮想通貨の人気はまだまだ続きそうな勢いです。

仮想通貨投資に限らずICOとって株式上場のような投資も流行っています。

この記事では私程度の初心者でもわかるようにブロックチェーンとは?をスマートフォンに例えてブロックチェーンの仕組みの一部を説明

今乗りに乗っている仮想通貨ブロガーの方の「ビットコインはブロックチェーンの技術から考えてもまだまだ上昇が見込める」と言うのが気になり私の考え方などを記事にします。

ブロックチェーンの発展=ビットコイン上昇なのか?

2017年からの仮想通貨ブームはまだまだ勢いがあります、ビットコインFXを少し触った程度で私は仮想通貨投資はしていません。
 
正直去年からバブルだから「今からでは遅い、、」なんて思いながら凄い勢いで値上がりしていくビットコインやほかの仮想通貨を見て「乗り遅れた、、」なんて利益が上がっている人を羨ましいーと思っています。
 
しかしこの記事を書いている今でも1年後に今を振り返り「あの時でも全然遅くなかった」となるかもしれません。
 
それでも最近は為替への投資でいいや、ってなって逆にビットコインやほかの仮想通貨の価格はチェックしますが投資しようと言う考えは全くなくなりました。
 
チャート検証していてもテクニカル要素で勝つのが難しいのではないか?明らかのフィールドが違う。
 
野球とソフトボールはバッターやピッチャーがいて似た感じでもソフトボールのピッチャーが野球のピッチャーとなりいきなり活躍できるのか?と言えば無理な話で、仮想通貨も為替も投資と言う枠は同じでも内容は全然違う
 
チャート分析で今までなんとか退場せずにコツコツ勝てている私にはチャート分析が有効と完璧に判断できない今の仮想通貨は明らかに戦う戦場が違うと思って投資することへの興味がなくなりました。
 
しかし投資商品や話題性などで関心があることは事実でバブルと判断していることは今もかわりません。
 
今仮想通貨ブログで日本で一番のイケダハヤト氏は「ブロックチェーン技術を知れば仮想通貨はまだまだ上昇する見込みがある」みたいな事を言っていたと思うので私なりにブロックチェーンについて調べました。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは私や投資初心者でも少し仮想通貨の勉強や調べものをしたことがある方なら知っている言葉だとおもいます。
 
言葉は知っていても実際どんな技術なのか?
 
イケダハヤト氏が言うように「ブロックチェーンを理解できれば本当に仮想通貨はまだ上昇すると見通せるのか?」
 
私は仮想通貨はまだまだバブル時期で価格は崩壊すると見通ししています。
 
ブロックチェーンの言葉は知っていてもどんな技術が全然わからなかったの調べれば考え方が変わるかもしれない、と思い少しブロックチェーンについて知ろうと思い本を買い勉強しました。
ここでブロックチェーンの技術を私のような初心者でもわかるように説明させていただきます。
 
ビットコインはブロックチェーンで動いているけど何が凄いのか?

 

スマホで例えるなら会社と契約しないでスマホ同士が直接繋がってお互いのデータを監視、管理している

今使っているスマートフォンは必ずどこかの通信会社と契約していると思います。

docomoや㍳など通信するのには会社と契約し電話をかけたりネットを観覧することができ、そして発信履歴などは契約している通信会社に記録して残ることになります。

例えば何か事件が起きた時などに警察などは契約している会社へ事件と関係のある携帯の発信履歴のデータなどを教えてもらうことができるはずです。

しかしこの発信のデータと言うのは「docomoのスマートフォンならdocomoにしかデータはありません

もしdocomoのデータの管理している機械が壊れたら「発信データはなくなります
バックアップしてるだろ!とか言われそうですが例えなので細かいことは流してください。

ブロックチェーンと言う技術は、この発信履歴のデータをdocomoが管理するのではなく「スマートフォンがほかの多くのスマートフォンが直接繋がっていてデータを管理、監視している技術」と考えてください。

docomoと言う通信会社と契約しなくてもスマートフォンがあれば「ほかのスマートフォンと繋がっていて通信もできデータの保存など全て繋がっているスマートフォンに保存されていく

自分がもっているスマートフォンが壊れても世界中の繋がっているスマートフォンに記録が残っているので発信履歴のデータが消えることがない。

ブロックチェーンのデータが改ざんされにくい。出来ないと言われているポイントはここ

そして発信のデータを自分が持っているスマートフォンから削除したとします。
 
自分の持っているスマートフォンからはもちろん発信のデータは消えます。
 
しかしその発信データは繋がっている多くのスマートフォンに記録されていて、自分の持っているスマートフォンのデータを消しても世界中のスマートフォンにはしっかり記録が残っている。
 
これがブロックチェーンの技術の凄いところの1つであっているはずです。
 
1つのスマートフォンの発信したデータを消したり変えたりしても、以前に発信した記録はほかの繋がっているところに事実と残っているので改ざんしても意味がない。
 
もしこれがスマートフォンと通信会社の契約なら「通信会社のデータを消すだけで記録はなくなります。
 
この通信会社を無くして「データをみんなで管理、監視しよう」と言うのがブロックチェーンと思ってください。
 
通信会社のデータを消すだけなら出来るかもしれませんが、世界中のスマートフォンに残っているデータを消すなんて無理ですよね!ってことです。
 
  • 多くのスマートフォンどうしが直接繋がっていてデータを管理、監視しあっているということ。
  • もし1つのスマートフォンが壊れてもほかのスマートフォンに壊れたスマートフォンのデータが全て残っている

通信会社という親を無くすことでさまざまな事が簡単にでき割安になる

今までは通信会社を通し発信などの記録を残していました。
 
通信会社は記録を残す手間などで手数料を取っていて通信するのにも手数料を乗せた通信なので高くなっていました。
 
ここで通信会社を通さず通信できるようになれば手数料がかからなくなりよね?
 
これを銀行に置き換えれば、海外へのお金の送金手数料がなくなり安く簡単にお金を送金できるようになる。
 
今までは銀行と言うところが中間に入り相手の銀行へお金を送金し記録してくれていました。
 
ブロックチェーンの技術で作ったビットコインなら直接繋がっているスマートフォンにお金を直接送るような感じです。
 
そしてその送金した記録などは先ほど説明した世界中の繋がっているスマートフォンに記録されていくことになります。
 
後からデータを改ざんしようとしても多くのスマートフォンに記録が残っているのでデータを変えることは不可能?と言うのがブロックチェーンの技術の1つ。
 
今回はスマートフォンでブロックチェーンの技術の1つを紹介させていただきました。
 
例え方で少し違うところはあるかもしれませんし、暗号技術や記録方法などもっと細かく凄いところもありますが、ブロックチェーンとは?という技術の1部ですが理解していただけたかなと思います。
 
ブロックチェーンは仮想通貨でなくても使える技術なのでこれから様々な分野で使われることになりこれから世界の仕組みが変わっていくんじゃね?と言うことです。
 
銀行が口座維持手数料を検討しているのも仮想通貨の普及で手数料などの利益が減ることをすでに見込んでいるところも理由の1つとしてあるかもしれませんね。

ブロックチェーンは凄いんだろうなと思うけど仮想通貨の上昇は=なのか?

ここから本題となりますが、有名な仮想通貨ブロガーやツイッターで言われているブロックチェーンが凄いから、為替とくらべまだまだ市場規模がちいさくこれからもっと参加者が増え上昇を見込み仮想通貨にもっと投資する。
 
ここはやはり疑問で参加者が増える=まだまだ長期で上昇して価格が上がるのは本当なのか?
 
もちろん参加者が増え価格の上昇はまだあるかもしれません、しかし長期的に安定して参加者が増える=価格上昇では私はないと思っています。
 
とくにビットコイン投資についてはすでに大口のおもちゃになっていて、為替のように個人からお金を巻き上げれる市場に近づいていくと予想しています。
 
為替も昔はスワップ全盛期と言う時代があり、為替のスワップポイントは金利のようなもので買って長期投資していたら金利が高く儲かっていた。
 
 
高金利通貨で人気オーストラリアの月足チャート
 
赤〇部分の安値が2001年でそこから2008年まで上昇しリマーマンショックで全戻しとなっています。
 
為替は経済状況に左右されリーマンショックのような大きな悪材料が出れば大きく動く結果となり、この下落で大きく損失をだしたトレーダーは山ほどいるでしょう。
 
しかし上のチャートの下落で大儲けいている投資機関も実際にはあり、下落に賭けて張って凄い利益をだしている個人トレーダーもいました。
 
ビットコインの普及は今後も続くとはもちろん思っています、今後はもっとビットコインでの支払い手段が増えていくことも間違いないでしょう。
 
最近ではGMOが給料をビットコインで受け取れるというのも記憶に新しいニュースです。

紙幣に変わるビットコインだからこそ今後は機関投資家などが活発になり危険な投資対象になるのではないか?

ブロックチェーンの説明でブロックチェーンの技術には会社との契約がないと説明しました。
 
これはお金で言うとビットコインは管理者がいないお金。
 
日本円なら日本が、アメリカならドルを国が管理していますがビットコインは違います。
 
日本円やアメリカのドルなどはリーマンショックのような経済危機が起こったときは完璧にコントロールはできないもののある程度金融政策で手を打つことはできます。
 
しかしビットコインに関してはどうだろう?このまま普及して決済方法など多く使われれば使われる程サプライズのニュースで相場が大きく変動してもコントロールできないのではないか?
 
支払いや決済方法など多くに使われるようになればなる程、経済情勢の動きと相関が出てくるのではないか?
 
ファンダメンタルは全然詳しくないので的外れかもしれませんが、今後まだまだ普及し相場変動がある限り機関投資の儲けの対象となっていくことは間違いないと思います。
 
あの人達って利益上げる時は容赦ない相場の動かし方をするのでいくらブロックチェーンの技術が凄いからと買っていれば儲かると言う簡単な相場ではなくなっていくと予想します。
 
為替のように貿易などの利益が大きく関係するほど複雑ではないにしても今後多く使われることにより大口の投資機関などが価格変動を狙い動かすことを狙ってくるのではないか?

ミセスワタナベって知ってますか?今ビットコイン市場にはミセスワタナベが再来している?

為替の取引をしている方なら知っている方も多くいると思いますが、為替の世界では「ミセスワタナベ」と言う言葉があります。
 

2007年頃から、東京インターバンク市場にて、為替相場の方向性が、昼をはさんで午後になると、相場を反転させる大きな要因はないにもかかわらず、反対方向(主にドル買い)へ振れる現象がしばしば見られた。こうした状況が頻繁に起こったため、原因を探っていくと、主に日本の主婦やサラリーマンなどの個人のFX投資家が、昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買いの注文を出していたことが判明、相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけた。海外でよく知られた日本人を代表する姓「ワタナベ」から、イギリスの経済紙「エコノミスト」(1997年3月27日号)で「ミセス・ワタナベ」という言葉が使われた[1]

引用:ウィキペディア 

 
日本の個人トレーダーが為替の取引で大きな存在を示していた言葉ですが、このミセスワタナベを狙って利益を狙う機関投資家もありました。
 
ミセスワタナベ狩りと言って「持っているポジションを手放すところまで動かす(下落や上昇)」と言うのも一時期話題にもなりました。
 
今のビットコインの取引も日本人が多30%~50%が日本人と言われています。
 
為替の時と同じように日本人がビットコイン取引で存在感があり活発と言うことになり、時代は繰り返すならば又日本人は機関投資家にミセスワタナベ狩りをするのではないかなと思います。
 
もし自分が機関投資家でビットコイン市場を狙えるなら取引が活発なビットコイン市場で相場を動かして利益を上げると思いませんか?
 
為替も動かせるんだから為替より市場規模が小さいビットコインなんて簡単に動かせるはずですし、今後日本人を鴨にしてくることも頭に入れながら投資した方が良いかもしれません。
 
普通に考えれば少しでも安く買って高い価格で売却や使用するのが得になり、安く仕込むためには大きく下落する材料も必要。
 


記事更新報告やライン@限定の予想なども配信しています
友達追加はこちらから
  友だち追加数