FXは勝てない!?勝つ為に初心者に読んで欲しい記事10選≫≫

ビットコインFXロスカット者続出!チャート検証でわかった逆張りの危険性

おはようございます、ビットコインでロスカットされたパンダです。

ビットコインFXをチャート分析が通用するかの現在までの検証結果ですが、そこそこ通用するという判断です。

検証するにあたり少額でもお金を張ることによりチャート分析をする気持ちの入り方が違うので、エントリーしながら分析をしていたのですが、見事にロスカット!!

金額は10万ちょっとやられただけなので、ツイッターで見かける何千万単位の金額に比べればしょぼい金額ですが、負けるってやっぱりイライラしますよね!

最近の高値からの暴落もテクニカル分析で見れば普通の範囲の下落ですが、何故ここまで騒がれるかと言うとやはりボラティリティが高すぎるということが要因でしょう。

ビットコインFX暴落でロスカットの嵐!しかしチャート分析で見れば普通の押し目

チャート検証しながらロスカットされた私が言うのもなんですが、先週の高値からの急落も、為替と同じチャート分析の考え方ならフィボナッチの「押し目で反発」と見ることはできます。
 
チャートで見れば騒がれるほどでもない下落」とはなりますが、「体感ではもう終わり、、あーあ」って言うレベルですよね。
 
ビットポイントMT4のチャートも貼りつけるので見て頂ければと思います。
 
今回の検証では5分足や15分足の目標値算出でエントリーと、いつも私のトレードでエントリー、結果的にシナリオトレードは有効と今の所判断しています。
 
シナリオトレードが有効と判断しているのにロスカットされた私、、なぜ?
 
理由は簡単です、短期逆張りで損切りが遅れたから。

ロスカット者続出のビットコイン急落も4時間足の押し目反発

色々書きたいこともありますが、今回はチャートの検証で先週の急落について簡単にですがチャート画像で説明だけさせていただきます。
 
ビットコイン チャート検証1202
画像はビットポイントMT4の4時間足です。
 
今週の最高値更新の部分から急落わかると思います。
 
これ4時間足で今の為替ぼ値幅などから考えると、これだけの動きであんなに騒がれてロスカットされる人が急増するのかよ!?って感じのチャートです。
 
そして暴落だーーーって騒いでいた場面も、フィボナッチの分析では38.2%の押し目部分での反発。
 
ごく普通の展開、、なのですが、ビットコインはボラティリティが高く半値押し目やフィボナッチ38.2%押し目でも値幅が大きすぎて暴落に見えてしまう。
 
4時間足チャートで、安値高値の38.2%押し目でここまでの動きは本当にすごい動きと思います。
 
ビットコインはこれから下落していくのか、まだまだ上昇していくのかわかりませんが、テクニカル分析のシナリオトレードは有効と今のところも判断しています。
 
今のビットコインはデイトレード、スキャルでも十分値幅が取れます。
 
為替でデイトレード、スキャルが得意な方は稼げる時期だと思いますが、逆に私のように損切りをたまに無視して勝負してしますタイプには今のビットコイン短期トレードは確実に不向きです。
 
私がこんな説明しなくても実際トレードしている方は理解できるていると思いますが、、
 
レバレッジを効かせないトレードなら良いと思いますが、ビットフライヤーなどレバレッジを効かせトレードできる環境ならレバレッジを効かせてトレードしてしまうと思います。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

15足や30分足のフィボナッチを使用した反発 反落狙い短期トレードは駄目

最初の4時間足チャートの話しはフィボナッチ38.2%の押し目の話しをしましたが、ビットコインの検証、トレードをしていて感じているのが目標値到達からのフィボナッチの反発や反落ポイントまでの到達が少ない。
 
どう言うことかと言うと「一方通行相場」で限界の限界まで引っ張り急落。
 
おいおい、、、まだ下げないの?、まだなの?、、ここまで来たら少し下げるよね?、、
 
えーーーまだ上がるのかよーー!!もう無理!!損切り!!で少ししたら急落。
 
私がロスカットされたパターンが目標値到達からの短期逆張りです。
 
私のブログを以前から読んでいただいている方は理解していただいていると思いますが、私パンダの為替のトレードは目標値到達からの短期逆張りもエントリー手法の1つとしてあります。
 
私が目標値にしたレートに到達すると、そこからフィボナッチを引き押し目や戻りのポイントまでの逆張り。
 
ビットコインチャート 15分足
目標値が算出できる形になると、損切りラインを割らず目標値までしっかりトレンドを形成することが多く、このしっかりしたトレンドが短期逆張りには宿敵となります。
 
スキャル程度、裁量で利食いなら逆ばりでも利益はだせますが、フィボナッチの戻しポイントまで逆張りで狙うなど、テクニカルに忠実なエントリーは今のビットコイン相場ではやられるのではないかと思っています。