現役トレーダーが国内 海外の仮想通貨取引所のおすすめを2社厳選!

おすすめ仮想通貨取引所

2017年は仮想通貨バブルの1年でした、仮想通貨やビットコインの取引で大きな利益を上げて良い1年になったトレーダーも多くいます。

私もビットコインFXの取引はしましたが動きが凄い大きいと感じ一瞬で利益を上げたり損失となったりとビットコインの凄さを感じています。

今ビットコインや仮想通貨の取引をしている方はすでに仮想通貨の取引所アカウントをもっていると思いますが、今回の記事では数多くある仮想通貨取引所の中からおすすめできる、またツイッターなどでも評判の良い仮想通貨取引所を紹介したいと思います。

国内や海外のおすすめ取引所の紹介となりますので、これから仮想通貨の取引をする方の参考になればと思います。

仮想通貨取引所のおすすめを2社に厳選!

結論から書くと日本の仮想通貨 ビツトコインの取引所で作っておくべき口座は3社程度に絞られます。
 
biyFlyer」 「Coincheck」「Zalf」のこの3社が今国内の仮想通貨取引所では多く使用されています。
 
後発でGMOコインや今後はDMMも参入していくるようで、為替のFXで人気の業者も今後参入してくるので2018年はまだまだビットコインの取引は活発に行われていくことになるでしょう。
 
また国内取引所だけでがなく海外取引所のBinanceも取り扱い通貨が多いなどで仮想通貨バブルで取引を活発に行っている方には人気となっていて、この流れは2018年もまだ継続されていくことでしょう。
 
これから取引所の変更やアカウント作成する方に少しでもわかるようにメリット デメリットもまとめたいと思いますので参考にしていただければと思います。

国内おすすめ仮想通貨取引所①「biyFlyer」

仮想通貨取引所 おすすめ ビットフライヤー
出典:biyFlyer
 
私為替トレーダーが個人的におすすめする取引所はbiyFlyerとなります。
 
理由はビットコインFXが簡単にトレードできるところです、ビットコインFXって?と思う方も多くいると思いますが、簡単に言うと「下落しても儲かる取引が簡単にできる
 
  • レバレッジを最大15倍まで効かせれる

レバレッジ15倍と言うのは10万の資金で150万円の取引ができると言うことです。

 
100万円の資金なら1500万円までの取引ができ、少ない資金でも勝負をかけれます。
 
仮想通貨の勉強をしている方はツイッターやブログを読み漁っている方もいるでしょう。
 
ツイッターなどでは「大きな下落したら買う、買い」などのツイートをよくみかけるはずです。
 
投資の戦略は買いだけではなく「下落しても利益になる」という取引ができます。
 
たとえば「2018年ビットコインは暴落する」と予想しているなら上昇したら「買う」と言う戦略では負けてしまします。
 
暴落すると予想しているなら下落したら儲かるほうに張ればいい、それができるのがビットコインFXでチャートのツールなども充実している方なのでおすすめできます。
 
ビットコインFX チャート
biyFlyerの12時間足チャートです。
 
12時間足とはローソク足1本が12時間と言う意味です、チャート上の高値2900000万円台から今は1800000万台まで下落しています。
 
この下落を1枚売り(下落したら儲かる取引)で入っているだけで100万円が短期間で儲かっていることになります。
 
チャート画像の後つけで見れば簡単な感じですが実際は値幅の大きさから無理に大きく貼るとロスカットされたりで簡単ではないですが、資金を多く入れ無理な取引でなければ今回の下落では大きく利益を上げた方もいると思います。

biyFlyerのメリットやデメリット

biyFlyerのメリットで言えばbiyFlyerLightningが簡単に利用ができてチャートのツールなどもしっかりしている、また国内大手の取引所で安心感がありというところでしょうか。
 
デメリットは私が使用した感想になりますが、ビットコインFXで暴落した時などに注文が通らない時がある。
 
レバレッジを効かせれるので少ない資金でビットコインの取引ができるのはメリットでもありますが、投資初心者は資金一杯一杯取引をしてロスカットされる可能性が高い。
 
 
 
短期勝負で暴落狙いに不向きと私は思います、しかし長期的に下落すると予想する場合は通常の時は普通に注文が通るので問題はないです。
 
2018年ビットコインは売り(下落したら儲かる)で勝負したい方は是非ビットコインFXで勝負してみてください。
 
公式サイト:biyFlyer

取引高1位!海外仮想通貨取引所 Binance

 
国内業者はbiyFlyerがおすすめですが、今仮想通貨取引所は取引手数料が凄く安い海外口座のBinance注目が集まっています。
 
なぜ注目が集まっているのか?これは第2のビットコインで「億り人(資産1憶越え)」を狙うためでしょう。
 
仮想通貨がバブルなのは間違いない事実です、しかしビットコインはすでに上昇し過ぎた。
 
ここからビットコインに投資し少ない資産で大きく資産を増やすのは難しい場面まできています。
 
ビットコインが200万の価格から400万円になっても資産は2倍にしかなりません。
 
ビットコインが20万の時に購入していれば200万の時点で資産は10倍で400万円なら20倍です。
 
なので今仮想通貨で資産を大きく増やすことを考えている方は「安くて伸びそう」と言う通貨を探し投資をしています。

Binanceのメリット デメリット

Binanceのメリットやデメリットについてですが、メリットは手数料の安さや取扱通貨が豊富というとこです。
  • 取扱い通貨80種類以上
  • 全て仮想通貨の取引手数料が0.1%
  • 海外口座でも日本語対応
  • セキュリティーもしっかりしている

取扱い通貨が多いということは利益を大きく上げれる通貨が隠れている可能性がありチャンス。

 
先ほども書きましたがビットコインが上昇しすぎて今から少ない資金で大きき儲けるは難しくなっています。
 
2018年仮想通貨で大きく利益をあげようと思えばマイナーな通貨で上昇を見越して長期投資しかありません。
 
また手数料はコストとなるので少ないほうがメリットがあり、長期投資ならそこまで手数料を気にすることはないと私は思いますが、短期などで取引を細々する方には手数料が安いということは大きなメリットとなります。

Binanceのデメリットは?

Binanceのデメリットを考えた時にまず思い浮かぶのが海外企業。
 
ここが一番大きな部分ではないかなと思います、もし何かあった時に対応をしっかりしてくれるのか?などの不安が大きい部分でもあり、私が思うに何かあれば「泣き寝入りするしかない」と言うのが素直な感想です。
 
しかし取引高1位という取引所なのでそう簡単に潰れたり信用をなくすような行為をするとは考えにくいでしょう。
 
私は為替のトレードをしていますが海外FX口座も利用した事があり、昔為替のFXも「海外口座なんて怪しい、お金がちゃんと出金できるかわからない」など言われていました。
 
しかし私は為替の海外口座は何回も出金しています、確かに詐欺のような海外口座もあると思いますし見極めも大事ではあります。
 
ただBinanceは仮想通貨の海外取引所では大手なので、ほかのマイナーな仮想通貨の取引所よりか確実に安心できると私は思います。
 
第2のビットコインを探したい方にはBinanceがおすすめです、登録もアドレスとパスワード設定だけで、3分もあれば登録できます。
 
公式サイト:Binance

仮想通貨取引所の国内 海外口座のおすすめ紹介まとめ

今回の記事では国内 海外の仮想通貨取引所のおすすめを紹介させていただきました。
 
国内業者では「biyFlyer」となり、海外業者ではBinanceで、この2社は今後仮想通貨の取引をする方ならもっていて損はない口座となります。
 
 「Coincheck」も国内では人気の取引所の1つなので口座をもっていない方は登録も簡単なので開設しても良いと思います。
 
2018年も仮想通貨ブームはまだ継続することが予想され、大きな利益を得る方や大きな損をする方など続出すると思います。
 
仮想通貨から投資をはじめた方は投資には「絶対はない」と言うことは肝に銘じてほしいと思います。
 
2017年の仮想通貨はバブル相場で、こんな凄い相場はなかなかありません。
 
2018年もこの大相場が継続する保証なんてありせんので、大事な資産を守りながら利益を上げる戦略をとってください。