予想目標値到達で当たり!ビットコインFXもチャート目標値で反応からの暴落!

ビツトコイン相場の予想と見通し
こんにちは、前回の予想記事からビットコインFXのチャート予想の検証記事です。

前回はポンド円やポンド・ドルといった色々な通貨の予想で、ビットコインが目標値到達でテクニカル分析に反応?している感じなので結果報告です。

ビットコインのテクニカル分析の検証をしっかりしてりる訳ではありませんが、ビットコインも株やと同じように一般投資家が多く参加し、投資家心理と言う点では株などと同じじゃないかと思います。

ゆっくりではありますが、ビットコインFXでも検証していきたいと思いますので参考になればと思います。

ビットコインFXもチャート分析予想は通用する?今後の検証結果に期待したい

ビットコインFXのテクニカル分析の今後の検証結果に期待したい!
 
なんか他人事みたいな感じではありますが、ビットコインFXにテクニカル分析が通用するなら為替の資金を大きくビットコインに移すことを考えていると以前の記事でも書いたと思います。
 
 

 

今現在は為替のFXがメインですが、今為替のMT4でのテクニカル分析を検証していってます。

今ビットコインの魅力を一言で言えば「激しい値動き

ボラティリティとなり、スキャルや短期トレード好きには本当に旬な投資案件と思っています。

為替でチャートを使用し長いことトレードしている方ならビットポイントのMT4などのビットコインFXのチャートを見たら解ると思いますが、結局はチャートの動きは為替と同じ。

まあ値動きが解るようにしたグラフなので似るのは当たり前かもしれませんが、トレンドが出ている時の動チャートの形も同じことを考えるとテクニカル分析いけんじゃね?ってなります。

前回のビットコインチャート目標値からの動きを検証

まず前回のビットコインFXの予想から

動きにズレはありますが、スキャル以外なら別のチャートでも十分相場の見通しは建てれると思います。
予想の精度はまだまだ検証もできていないので、私の分析予想が通用するかは不明なです。
ただ機関投資家や個人投資家のトレーダーの感情は為替やビットコイン、株なども同じと思っていて為替のようにビットコインもテクニカル分析は通用すると私は思っています。

  • 845420(707650を下抜けするまでの目標値)
  • 929300(845420を上抜けした場合の目標値、損切りラインは707650)

 

前回更新したオムニバス予想からです。

為替と同じように目標値を算出、第2目標値まで到達!と言いたいのですが微妙に届かず。

しかし算出の誤差レベルのズレと言っても良い誤差です、そして為替と同じように目標値で反応し反落などしています。

ビットコイン チャート予想

画像は今のビットポイントFXのチャート画像です。

画像の白線が予想したポイントで、赤〇が予想後に到達したポイントです。

私のブログをいつも読んで頂いている方なら理解していただけると思いますが、第1目標値を抜ければ第2目標値に向かう。

目標値での短期逆張りトレードなど、今回のビットコインの動きでは通用していると思います。

もちろん目標値までの買い戦略を取っていても勝てている相場。

て事で今回のビットコイン予想は私のいつもトレード戦略なら普通に勝てている相場となっています。

もちろん私は今回のシナリオで買いエントリーしていなので儲けてはいませんが、またビットフライヤーで短期トレード開始。

ビットコインFXはGMOクリック証券のビットコインFXも最近人気ではありますが、BAN祭りなどの炎上ネタも考えればビットフライヤーが無難ではないかと思います。

私もビットフライヤーを使用していますが、100点つけることはできないですが、全然使用できるので今お段階ではおすすめです。

詳しい内容は公式サイトでビットフライヤー

目標値付近を見ていなかったのですが、目標値付近からの反落→反発からのショートで短期で入っています。

また1週間ほど検証期間にはいります。

テクニカル分析が通用するなら動きがある間は長期ではなく、デイトレードや1時間足や4時間足のシナリオトレードは有効?なんて感じもします。

性格的な問題やチャート分析ばかりしていることもあり。ここから長期投資は無理!と当たり前に思ってしまいます。

しかしそれはビットコインがもっと安い場面から思っていて、その頃から買っていても十分過ぎるほどの利益になっていることを考えれば下手糞だなと本当に思ってしまう。

もう少し検証していきますが、ビットコイントレーダーの方の参考になるように頑張ります!

前回の予想記事の為替予想はまだ追っかけていますので、また報告したいと思います。

記事更新報告やライン@限定の予想なども配信しています
友達追加はこちらから
  友だち追加数

人気の関連記事