FXは勝てない!?勝つ為に初心者に読んで欲しい記事10選≫≫

儲かる!?ビットコインFX テクニカル分析の検証で5万円ゲットでけたので共有

こんにちは、最近為替の予想も調子良く動かず記事更新をサボっていたパンダです。

サボっていたと言いますか、、、シナリオも継続中で書くことが無かった!!

これが一番の理由であります、前回の予想のドル円とユーロ・ドルのシナリオは継続中で、ユーロ・ドルやドル円も後1歩!あと1歩で目標値まで到達できるのに反落や反発。

で、為替のポジションは放置で、ビットフライヤービットコインFXのチャートが高値まで来てたので少し入金し為替が面白く間はビットコインFXでテクニカル検証でもしようと思い1週間ほどトレード。

記事タイトルの「5万円ゲット

話しが小さい!なんて思ったら駄目です!検証繰り返して買って自信つけることが大事なんです!!!笑

ビットコインFXのテクニカル分析トレードの検証と結果

前回もビットコインFXに入金し資産4倍近くまで行ったのですが、暴落喰らって+4万円で一旦終了。
 
 

 

前回に続き今回も10万円ちょっと入金でテクニカル検証しようと思い、フィボナッチとRSIが有効なのか?を検証しようと思いトレードしていました。

結論から書くとフィボナッチもRSIも使えるという判断ではありますが、まだまだ改善の余地はあります。

ビットコインFX 収益

今年は10万円の利益(笑)

前回4万円の利益で終わり、今回は5万円ほどの利益で検証終了。

画像アップしたのですが取引レートが書いていない?

最初のトレードで11万が一瞬で3万円台まで一気に減り「お金ドブに捨てた~

と思っていたのですが、そこから盛り返し原資回復で、最高は12万円の+まで持っていけたのですが、結局押し戻され5万円の利益で今回の検証をやめました。

もう少しRSIやフィボナッチなどのテクニカル分析がワークする確信が持てたら為替から資金を本格的にビットコインFXに移しても良いかななんて思ったりもしています。

今は為替がメインなので、来週あたりからシナリオが崩壊か達成かハッキリすると思っているので今回のビットコインFXの検証は一旦終了とします。

そして、今回ビットコインFXのテクニカル検証での私パンダの感想、気をつけるポイントや勝ちやすいポイントなどを書かせていただきます。

ビットコインFXトレードを検討している方に参考になればと思います。

ビットコインFX テクニカル分析「RSI」の検証の感想

検証と言っても細かく勝率などを記録している訳ではありません。

ただ一発目からの大負けから吹き返したのはRSIを使った逆張りのトレードとなります。

今回の検証は、検証する気と「高値だし暴落狙いのショート」を入れ遊ぼうと思ってトレード。

最初はショートメインの暴落狙いで

  • レートが高値更新→反落後又高値付近
  • 途中からはRSIのレベルが高い場面でのショート

このパターンでトレードしていました。

この2つんぼパターンで言うと上がダブルトツプ狙い。

下が買われ過ぎの反落を狙った逆張り。

この二つのパターンで勝ちが多かった方は「RSIのレベルが高い場面での逆張り

今回の検証ではこの手法が一番勝てたシグナルです。

えっ!!!?RSIの逆張り!!?

私のブログを見て頂いている方はFXトレード歴が長い方も多いと思うので、そんなエントリーかよ!?

パンダ初心者向けに簡単に適当な事言ってんじゃねーよ!

なんて思われそうな感じですが、実際RSIとフィボッチを使い1週間トレードして思ったのがビットコインFXはRSIの逆張り

RSIの逆張りは有効ですが相場観・裁量も必要かと

RSIと言っても人により使い方は様々で、逆張りスキャルで使用するトレーダーもいれば、利食いに利用するトレーダー。

またRSIにトレンドラインを引いてブレイクでのエントリーなど人により様々です。

私が今回ビットコインFXのテクニカル分析でRSIを使用したポイント

  • トレンドでレートが走った時に1分足 3分足のRSIレベルが高い、低いポイントで逆張り
  • トレンドが出たと思う方向と逆にRSIのレベルが高くなったらトレンド方向へエントリー

この2つが今回損失から救ってくれた手法となります。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

何故シンプルなトレーダー初心者が最初の使用し大負けしそうなRSI逆張りなのか?

この理由はたった1つで、今はビットコインに「ボラティリティ」がるからです。
 
基本的にトレンド逆行のエントリーはスキャルに近い短期トレードとなり、使用する時間は1分足や3分足
 
1分足や3分足?今為替のトレーダーは1分足や3分足じゃ大きく貼らないと短期では利益がでない!このように思うかもしれません。
 
しかし今のビットコインの動きでは短期で取るにしても十分に取れる時間軸となります。
 
為替のチャートに例えると「1分足の1本のローソク足が20PIPSや40PIPS動く」これが1日に何回かは起こっています。
 
為替のチャートで良いので見てみてください、陽線や陰線は2本3本と続くことは多いですよね?
 
RSIのレベルが高い場面から1本陰線がでたらショート、この次にもう1本陰線が出れば十分な利益になります。
 
ビツトコインFX テクニカル分析検証
 
このチャートはビットフライヤーの3今私が記事を書いてる時間のリアルタイムチャートの3分足の画像です。
 
騙しもありますが、だいたい逆張り成功な感じになっていると思います。
 
トレンドが出ている時はレベルが高くなっている状態が2回3回続くと思い、1回の目のレベルの高さに賭けることは絶対やめた方が良いです。
 
上の画像でも最初のRSIのレベルが高い場面があり、すぐ高値更新が解ると思います。
 
ただ2回3回と繰り返せば利益は損切り分を上回ることが多くありました。
 
このチャートは3分足ですが、ローソク足1の値幅が大きくフルレバで資金一杯貼ったら資金の3分の1程度はローソク足1本2本で無くなる場面もあると思います。
 
エントリーし利益が乗れば、半分利食いや全決済など裁量になってくるのですが、この辺りにトレードルールを作ることが必要なのですが、今回は裁量で決済していました。
 
ビットコインFXでスキャルや短期トレードしている方なら理解していたけると思いますが、ビットコインFXは少し利益が乗って、為替なら安心できそうな場面が関係なく一瞬でマイナスとかになっています。
 
それだけボラティリティが高く、利食いが難しいと私は思いました。

ビットコインFX RSI逆張りの最重要注意点!

私の記事を読んで「これ簡単じゃん!イケんじゃね?」と試し損失をだしクレームを出す方がでないように注意点も書いておきます。
 
逆張りに失敗したら一瞬で大きな損失
 
私は一度も逆指値などのストップをいれず手動で損切りをしました、理由はやり方がわからない。
 
調べれば良いのですが、怪しいと思えばRSIの逆張りは短期トレードでレートを見ているから自分で切れる。
 
ただ、これが利益が伸びなかった原因でもあり、ストップは入れた方が良いとも思いました。
 
ビットコインは安値更新や高値更新、トレンドが出ている時にレートが走ったらかなり速いです。
 
一瞬で1万円下がるなんてことは当たり前、ドル円で言う1円2円が数分で軽く動いている状態です。

トレンドの乗るためのRSI逆張り

昨日(11月10日)からビットコインは暴落と反発を繰り返しています。
 
私は先週ぐらいからチャート的にそろそろ暴落くるだろうーー!!
 
と思いテクニカル検証もかねてトレードしていましたが、暴落に乗れず(笑)
 
下手なトレーダーだなとつくづく思いった次第なのですが、今回の検証で有効と感じたのはトレンド方向へのエントリーにRSIを使う
 
言葉ではわかり難いと思うのチャート画像を見てください。
 
大きな動きがあった時はその流れと少しの間続くことが多くあり、今回のビットコインの暴落も少しの間下落トレンドか?
 
このように判断したら、戻しはどこでエントリーするのか?
 
そうだ!反発し上昇してRSIレベルが高くなったらエントリーしてみよう!
 
さっきの説明はただの逆張りですが、トレンドと判断した方向のみにエントリーも制度が良かったです。

思いのほかビットフライヤーのチャートは良くできていて、もう少し、、って感じる所もありますがトレードには十分と思います。

これからビットコインfxをはじめる方は、ビットフライヤー使いの方で良いチャート分析や利用方法があれば教えて頂ければと思います。

公式サイト:ビットフライヤー

 
昨日の暴落から反発もとってやろう!なんてスケベ心で逆行され結局利益が半分にまで減りましたが、一貫性をだしトレンド方向のみに絞れたらもっと利益は上がっていました。
 
しかしこの辺りは欲をコントロールしないとダメなので難しいところでもあります。
 
まだまだ試験段階ではありますが、為替が来週も思ったような動きをしなければ検証再開しようかなと思ったりもしています。
 
また良い手法などがあれば共有したいと思うので、意見や良い手法があればパンダにも教えてください!笑

意見などがあればライン@からメッセージいただければと思います。

 
それとライン@でメッセージをいただいて返信できていないのが何件もあり申し訳ございません。

フィボナッチはまだ検証途中なので次の検証の時に報告できればと思います。

 

ライン@限定の予想なども配信しています
友達追加はこちらから
  友だち追加数

人気の関連記事