ドル円 2年連続「陰線」で円高の年になるか!?2018年ドル円の長期予想と見通し

2018年ドル円 為替長期予想と見通し

2018年 ドル円 長期予想と見通し

2018年のドル円の長期予想と見通しについてです。

2017年のドル円の動きですが、1月の高値の後は基本的には「レンジ相場」となっていました。

1月の始値が今年の高値、、終値はまだ確定していませんが1年のローソク足では陰線になることは間違いないので、来年も継続する可能性があります。

ただ今は日足でレンジとなっている為、2018年はこのレンジから放たれる方向が「円安」方向なのか?それとも「円高」方向なのか?が重要なポイントとなりそうです。

今回の長期予想では円高方向と円安方向の目標値も算出しています。

ドル円 2018年長期予想と見通し

今の段階では予想をよく当てる私のチャート分析でも「方向性はわからない」というのが現状です。

理由は「レンジ相場」になっているからで、このレンジがどちらに抜けるのか?

また、上に抜けるにしても下に抜けるにしても、前半に抜けるタイミングなども重要かと思います。

2018年前半にレンジ上抜けした場合は「上昇見込み」となりますが、後半にかけ下落に上髭つけて1年のローソク足が2年連続陰線かも、などの見通しもたちます。

どちらに動いても大丈夫という心構えをしていることは投資では大事なことなので、ドル円長期ホルダーの方にも参考になればと思います。

私パンダがテクニカル分析をもとに2018年のドル円長期予想と見通しについて語りたいと思います。

2018年のドル円の見通しはいつもの予想みたいに今の段階では「上昇する!」などハッキリ言えるチャートの形ではなく、「レンジを上抜けした場合の目標値」と「下抜けした場合の目標値」となります。

北朝鮮リスクなどもまだまだあり、アメリカとの関係や戦争なんてなろうもんならドル円の方向性を決める材料の1つとなる可能性も。

政治リスクは予想してもどうすることもできないので、トレーダーができることは「どうなっても良いように準備をしている事

  • 上昇した場合は〇〇(ポジション積み増しなど)し、下落した場合は〇〇(損切り、ナンピンなど、、)する

この戦略を練っているだけで、急落や上昇で慌てることは軽減されるはずです。

為替のトレードに限らず戦略やプランをたてれない人は何事でも失敗したり弱いことが多くあり、準備ができているかが例え失敗に終わったとしても傷口を浅くできるはずです。

2018年の予想に入る前に、2017年のドル円の動きや予想のおさらい

去年のドル円長期予想は2016年10月に記事を書いています、そして予想目標値には2017年になる前に到達し、今でも覚えていますがその上昇で結構な額を損切りしました。

2017年ドル円の動きのポイントとしては、去年の長期予想記事で書いた2012年から2015年の上昇の半値戻し、フィボナッチ50%でしっかり反発した相場。

これも以前記事などで書いていますが、フィボナッチリトレースメントを引いてみたら解りますが、ここは踏ん張ってもらってからの反転に期待となります。
今回のドル円長期予想のテク二カルポイントは月足チャートの直近安値を更新しない場合のポイントとなっています。
もし直近安値を割れば次は95.200円付近、その次は今のところ底なし沼となるので円安に期待したい場合は今のポイントは注目です。

上の画像が去年の記事ドル円の大きな円安トレンドに期待!?2017年に向けてドル円の長期予想と見通しで貼っていた画像です。

そして今のドル円の月足です。

2017年 ドル円 月足チャート

記事を書いて、その後反発を開始し私が反発した場合の予想テクニカルポイントに一気に到達。

ドル円が2017年から円安トレンドに転換した場合の注目テク二カルポイント。

  • 108.550【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
  • 111.400【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
  • 114.230【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】
  • 123.660【98円台の安値を更新せずにトレンド転換した場合のテク二カルポイント】

2017年の長期で円安トレンドの転換した時の見通しと注目テク二カルポイントです、上昇ごとに反応されると考えられるポイントです。

 

これ書いた後にトランプ相場の上昇で2017年を迎える前に円安転換。

そして1月が今年の高値118円台をつけ、その後ドル円は下落しレンジ相場の1年となりました。

ドル円の流れを決める日足レベルのレンジ

ドル円日足チャート画像

レンジです、2018年はこのレンジが放たれるのか?そして上昇か下落か?

この形からの予想は難しいのですが、ドル円は週足レベルのチャートで長期ではまだ買いの見通しとはなります。

ドル円週足チャート

赤丸部分が94円台で、本当に長期で投資する場合は94円台を割るまで買い戦略となります。

ただこのシナリオは放置ゲームに近いレベルの長期投資となり私のトレードスタイルとは無縁と言っても良いレベルなので無視。

2018年ドル円の円安と円高の目標値は?

今の日足や週足、月足のチャートを見ても本当に「これだ!」と自信を持って言えるシナリオがありません。

ただMT4では月足までの表示しかできませんが、1年足ローソク足チャートで考えると2017年は1月が高値で、終値がこのままいけば118円を越えずに終わります。

チャート分析している方なら理解できると思いますが、陰線や陽線は連続で続くことが多いですよね?

じゃあ2018年も陰線(2018年1月ドル円始値より安く終わる)で終わるかなあなんて思ってみたり、、記事の最初の方にも書きましたが2018年前半の動きは注目したいと思います。

深く考えても答えは1年ちょっと先にならないとわからないので、上昇した場合はここ!下落した場合はここ!と言う感じで、重要なポイントとしてはレンジに注目となります。

2018年ドル円が上昇した時の目標値

ドル円が今回のレンジを安値を更新せず、チャートの直近高値を更新した場合の目標値となります。
今年ドル円ロングを長期で仕込んでいる方には叶って欲しいシナリオ予想と思います。

 

  • 124.680【107.530を割らず118.110付近を明確に上抜けした場合の目標値】
  • 135.455【124.680明確に抜けた場合に目標値】

この上昇シナリオはまだ確定ではありません、2017年の高値118円台を上抜けした時の目標値となります。

記事の最初の画像のレンジの下限107.530付近を明確に割らずに2017年の高値を越えた場合は反落しても124円までの買い戦略。

135円台の目標値は以外と熱いテクニカルポイントで、先ほどの94円台を割るまでは長期投資、と言ったシナリオとシナリオ目標値が重なります

もし1135.455付近まで到達したら一旦利食いやショートエントリーで勝負できるポイントとなります。

2018年ドル円が下落した時の目標値

続いては2018年ドル円が下落した時の目標値となります。
下落目標値と言うか、2018年ショック系のネタが無ければ下げてもこの目標値かなと思ったりもしています。
  • 104.150【115.630を上抜けするまでの目標値】
2018年 ドル円長期予想と見通し

この下落予想はドル円が今のレンジを下抜けした時の目標値となります

こちらもレンジの上限、下落して1回目の戻り高値を上抜けせず「レンジの下抜け」した場合の目標値。

このレンジでショート戦略をとりポジションを積み増しているなら104円台は一旦利食いや反発狙いの買い、両建てなどで様子を少し見る期間に入ります。

2018年 政治 経済イベント

2018年の経済イベントを簡単に紹介、為替や株に少しでも影響がありそうな経済イベントをピックアップ。
  • イタリア総選挙
2017年の政治イベントは欧州の選挙などが注目イベントとなっていましたが、2018年もイタリア総選挙があり欧州材料のリスクがまだ残っています。
まだ日程は決まっておらず、議会が終わる2018年5月までに行われると言われています。
  • ブラジル大統領選
ブラジルの通貨レアルや資源関連などに投資している方も多くいると思います。
10月に選挙があるようなので、レアルはブラジル関連の商品に投資をしている方は注目です。
  • ロシア大統領選
2018年3月にロシア大統領選が予定されています。
プーチン大統領が出馬すれば当選は確実などのニュースがありますが、プーチン大統領は現段階では出馬のことについては明言していないようです。
ロシアと言えば2017年は為替を何回も動かしたロシアゲート問題がありました。
ロシアネタと言うよりトランプ大統領のネタなのでドル円は大きく動き、2018年もまだロシアゲート問題が出て為替を動かす可能性も否定できません。
  • イエレンFRB議長が任期終了

2018年2月にイエレンFRB議長が任期を終えます。

  • 日銀 黒田東彦総裁の任期終了
今はまだ情報が少ないので、色々でてきたら追記もしていきたいと思います。

2018年の重要なポイントは「レンジ」!長期予想と見通しのまとめ

今回の長期予想記事ではまだ方向性が私ははっきり確信できていないため、「上昇したら、、下落したら」の段階となりました。

記事で何度も書きましたが、重要なポイントは日足チャートレベルの「レンジ」は間違いありません。

チャートの動きにより新たな予想や見通しがたてれるようになれば記事を更新したいと思います。

ポンド円は2018年は買い予想となっています。

ポイントなどまとめていますので参考になればと思います。

人気の関連記事

記事更新報告やライン@限定の予想なども配信しています
友達追加はこちらから
友だち追加数