【FX】トレンドラインや一目均衡表も表示できる!最強無料スマホアプリ!

FX 手法
FX 無料スマホ タブレットアプリ

 iPhone AndroidでビットコインチャートがMT4並みに機能満載なFX無料スマホチャートアプリ。

FXトレードで大事なテクニカル分析ですが、仕事中や外出先でのチャート確認で証券会社のスマホアプリではチャート分析が思ったようにできないこともあると思います。

今回紹介させていただくFXのチャート分析ができるアプリ【Trade Interceptor】はiPhoneとAndroidどちらでも使用できます。

そして高機能なFXのスマホアプリで、これ以上のアプリはないんじゃないかと思っています、自宅ではMT4などで分析できますが、外出先では Trade Interceptorのアプリがあれば外出先でiPhone AndroidでMT4と同じように分析ができます。

テクニカルトレードはチャート分析が全てになってきます。
チャートを分析して買いシグナルや売りのシグナル、テクニカルポイントごとにトレードしていると思います。

テクニカルトレードのチャート分析で使うチャートは証券会社のチャートではもの足りずMT4。
メタトレーダー4を使用している方も多いと思います。

ただ自宅でMT4のチャートで分析してるときは良いですが、兼業トレーダーの方は仕事中に相場が動き出した時などはパソコンが触れないことが多くあります。

相場の分析も出来ずに絶好のエントリーチャンスを見逃すこともあると思います。

使っている方も多くいると思いますが、MT4並みの高機能があるFX無料チャートアプリがありますので、まだ使用されていない方には外出先でもチャート分析ができるお勧めのスマホアプリと思います。

iPhoneやAndroidでMT4並みのチャート分析ができるスマホアプリ「Trade Interceptor」で出来ることは?

Trade Interceptor」ですがiPhoneやAndroidのスマホやタブレットで無料でチャート分析できるアプリではトップレベルと思います。

日本の証券会社のFXアプリのチャートは【わざと見にくいようにしているのか?

と疑いたくなるほどの作りですが【Trade Interceptor】は違います。

FXの証券会社のスマホの取引ツールについているチャートよりも全然使えます。

インジゲーターなどの種類もかなり多くありシステムを使ったトレードをしている方以外はこのスマホアプリがあれば外出先でも簡単にチャート分析ができるので十分ではないかと思います。
トレードチャンスを逃す機会が減ると思います。

高機能チャートアプリ「Trade Interceptor」は60種類以上のインジゲーターがある!

    • 移動平均線(SMA EMAなど移動平均線の種類も豊富)
    •  MACD
    • RSI 
    • パラボリック
    • モメンタム
    • ジグザグ

などメジャーなインジゲーターから日本の証券会社のアプリに絶対ないようなインジゲーターがあります。

そしてTrade Interceptorのアプリの凄いところはまだあります!

  • フィボナッチ関連表示
  • トレンドライン
  • 水平線
  • ギャン
  • サイクル線

も引けるスマホ タブレットの高機能アプリとなっています。

普段使用しているテクニカル分析で使用する機能はほとんどあると思います。
スマホのスクリーンショットの画像なので見にくいかもしれませんが本当にいろいろな分析ができます。
移動平均線でもEMAやほかの種類があり種類が豊富だったりトレンドラインなどももちろん引けます。
パラボリックもありますしフィボナッチのツールやギャン系。
種類がありすぎて記事では説明がしきれないほどインジゲーターなどのツールが揃ったスマホアプリになっています。

Trade Interceptorには60種類以上のインジゲーターが標準であります。

上の画像のようにアルファベット順に並んでいて、私は見たこと聞いたこともないインジゲーターも多くあります。
種類が多くあるのでMT4の分析で使用しているインジゲーターがあれば外出先で十分チャート分析ができると思います。

高機能チャートスマホ無料アプリ「Trade Interceptor」の登録方法や使用方法。

Trade Interceptorは無料で使用できますが、デモアカウントだけ登録しないと駄目になっていますが、登録といってもメールアドレスの入力などで5分もあれば十分完了できるはずです。

ダウンロードしてからデモアカウントでログインします。 

ログインしたら上の画像になると思います。
チャートを見るには通貨のところをタッチしたらチャート画面になります。

iPhoneやAndroidのチャートにインジゲーターを出すには。

チャートにインジゲーターを出す方法は、上の画面の下のところに工具のマークや磁石のマークのラインがあります。

この部分の青いグラフみたいなマークをタッチするとインジゲーターの種類が沢山でてきますので、チャート分析に使用しているインジゲーターを選ぶとチャートに反映されます。

移動平均線なども英語になっていますの移動平均線を出したい場合は
Simple Moving Average】 を選択してください。

一目均衡表(雲)【ichimoku】になっています。

移動平均線の角度、傾きを色の変化で視覚的にわかりやすくする簡単な設定方法!

移動平均線のインジゲーターはFXトレーダーや株のトレーダーの中でも一番チャートに表示されているツールの一つだと思います。

移動平均線といってもトレーダーの手法により使い方は様々だと思いますが、ゴールデンクロスやデットクロスなどではなく「角度や傾き」

を重要視している方も多くいてるかと思います、MT4のインジゲーターにも移動平均線の傾きで色の変化をつけれるインジもありますが「Trade Interceptor」では「簡単に角度の色の変化をつけれます

Trade Interceptor 設定方法


まずチャート画像の左下のグラフのような青いところをタッチします。

Trade Interceptor 設定方法2

上のインジゲーターという画面になりますので、画面右上の緑の+ボタンとタッチ。

Trade Interceptor 設定方法3

Simple Moving Average】を選択。

Trade Interceptor 設定方法4

 
Simple Moving Averageをタッチしてください。

Trade Interceptor 設定方法5

 パラメーターを設定できる画面になります、14と書いているところは期間の選択となりますので普段使用している移動平均線の期間を入れてください。
そしてこの画面で青色が2段並んでいるところが「角度や傾きの色の変更をする場所です

Trade Interceptor 設定方法6

上の部分を黄色に変更しました。
上の部分が移動平均線が上向きな時の色となります。
下の部分は白色に変更。

 

Trade Interceptor 設定方法7

これだけで移動平均線が上昇の時は黄色で下向きのときは白色と視覚的に解り易くなります。
スマホのチャートアプリでここまで出来るのはTrade Interceptorぐらいではないかと思います。

トレンドラインやフィボナッチをチャートに出す方法。

Trade Interceptorのスマホアプリでトレンドラインやフィボナッチなどをアプリのチャートに反映の方法です。

外出先でiPhoneやAndroid機種のスマホでトレンドラインやフィボナッチまで引けるのはFXトレーダーにとっては凄く助かるのではないでしょうか?

相場が凄く動いているのにチャート分析を忘れていて適当にトレードして損をすることもあると思います。

トレンドラインやフィボナッチ、ギャンなどが使えるだけで無駄なエントリーを無くすこともでき優位なトレードができると思います。 

先ほどと同じ画像ですが、磁石の右側にある鉛筆マークみたいなところをタッチします。
タッチ後にトレンドラインやフィボナッチやギャンといった項目が出てきます。
そこで分析したい項目を選べばチャート上にトレンドラインが引けたりフィボナッチなども引けたりします。

ビットコインや仮想通貨のチャートも表示可能

ビットコインや仮想通貨のチャート表示もできます。
スマホでのチャート確認は取引所のチャートは見えにくい、、もう少し移動平均線や一目均衡表などのツールを外出先でも使用したい!
そのような時には良いスマホアプリです。

MT4並みの機能があるスマホアプリですが使いこなすのも難しい。

このスマホアプリはiPhone、Androidに対応しています。
iPhoneやAndroidのスマホでMT4並みの高機能のアプリではありますが、MT4でも使いこなせてない方には十分すぎるチャート分析ができるアプリになっています。
証券会社のアプリでは見にくかったりツールが少なくて物足りない
と感じている方は最初のデモ口座の登録だけは必要ですが、難しいことはないのでオススメの無料チャート分析ができるアプリと思います。

↑↑クリックでグーグルプレイ、appストアにいけます。

まとめ

私が仕事などでパソコンが見れないときに使用しているスマホの高性能のチャート分析ができるアプリをご紹介させていただきました。
このアプリを使用している方も多いかとは思いますが、使ったことがない方は是非一度ダウンロードして使ってみてください。

証券会社のアプリでのチャートは使うことはなくなると思います。

この記事は私が使っていてまた新たな使い方などを発見した場合は追記で記事更新します。

と言っても私のチャート分析はかなりシンプルなのでこれ以上使い方を追求することはないと思うので、使ってみて良い昨日などがありましたらコメント欄などで教えていただけれ幸いです。

人気の手法記事


 

 関連記事